武田薬品工業が中心となり、2018年4月にオープンした神奈川県藤沢市の「湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)」(関連記事:タケダの敷地に出現した「湘南アイパーク」とは何か?)。創薬・バイオ関連で国内随一の研究開発施設として存在感を高めており、オープンからわずか3年余りで120強の企業・団体、約2200人が集積するまでに成長した。

なぜこれほどまでに急激な発展を遂げることができたのか。2021年8月26日に湘南アイパークが開催したメディア向け説明会の内容から、その背景をひもといていこう。

湘南アイパークの入居・入会企業(オンライン発表会のキャプチャー)

 コマーシャル&ビジネスディベロップメントヘッド兼コミュニケーションヘッドを務める中川弘規氏は、湘南アイパークの理念を「革新的なアイデアを社会実装する場であり、世界に開かれたライフサイエンスエコシステムの構築が目標」と定義する。それらを実現するために、以下の5点を具体的な支援策として挙げた。

説明にあたった湘南アイパークの中川弘規氏(オンライン発表会のキャプチャー)

・質の高い研究施設と研究支援の提供
・エコシステムを豊かにする多様なプレイヤーの誘致
・産官学の交流促進
・ベンチャー育成
・創薬R&Dを支援する新規事業の育成

 こうしたビジョンに基づき、同所では人材が集まる仕組みを整備した。オープンから1年後の2019年5月には入居せずとも湘南アイパークのコミュニティに参加できるメンバーシップ制度を導入。大企業とベンチャーの交流促進を図り、オープンイノベーションが生まれる土壌を育んできた。その顔ぶれは大手製薬企業、ベンチャー、アカデミア、行政、ベンチャーキャピタルまで多岐にわたる。最近ではAI関連企業、保険会社、mRNA治療薬の製造企業、細胞農業関連企業などさらに多様化している。同所ならではの利点を、中川氏は次のように説明する。

 「日本最大の創薬・バイオ研究施設として、十分なファシリティを備えていることが強み。これにより迅速な始動を実現する。さらに前臨床試験のプロセスを単一施設内で一気通貫で実施でき、GMPグレード(医薬品の製造販売に必要な品質管理基準)の実験といった高度研究にまで対応することから、最先端の研究に集中できる。

 それだけではなく、“集中と開放”を両立させる研究者ファーストの開放的な空間設計を意識した。ミーティングスペースやカフェテリアなど、オープンイノベーションを促進する多様な交流スペースを設けた。入居者やメンバーシップ会員との情報交換やディスカッションの場として有効活用している」(中川氏)

充実したファシリティが研究を支える(オンライン発表会のキャプチャー)