新薬を市場に出すためには、その薬が有効で安全なものかどうかを調べる治験が必要だ。治験によって有効なデータが必要量集まらないと承認が得られない。ただし、治験に参加してもらう患者が見つかっても、有効なデータが得られるとは限らない。飲み忘れなどによって、途中で脱落してしまうこともあるからだ。この飲み忘れを防止する機能などを備えたアプリを提供するベンチャー企業が現れた。

 治験情報サービスを手掛けるベンチャー企業のBuzzreachは、治験に参加している患者に服薬のタイミングを通知で知らせるなど、治験期間のサポートをするアプリ「ミライク・スタディ・コンシェルジュ(MiiLike Study Concierge)」を開発した。同アプリを患者が使用すれば、治験コーディネーター(CRC)の業務負荷を軽減できる。

「ミライク・スタディ・コンシェルジュ(MiiLike Study Concierge)」の画面例(出所:Buzzreach)

 同アプリを開発するに至った背景には、治験に参加した患者の脱落が非常に多いという実態がある。新薬を市場に出すためには、開発の時に患者に治験に参加してもらったうえで、そこから得られた有効なデータを厚生労働省に提出して承認を得る必要がある。しかし、治験に参加した患者の4人に1人が途中で脱落してしまっているのが現状。このため、多額の開発費をかけて医薬品を開発したとしても、治験の際に有効なデータを必要量集めることができず、なかなか承認に至らなかったり、治験そのものが中止になったりすることがある。

 同アプリは、患者が自分のスマホにダウンロードして使用するもの。アプリは、ウエブアプリとして、患者に提供する。様々な機能がある中で、最も効果的なのは「プッシュ通知」機能。服薬、来院などの予定はカレンダーに登録できるようになっており、その登録された時間に応じて通知を行う。患者は、通知にしたがって服薬すればよいので、飲み忘れることも飲みすぎることもなくなるわけだ。治験から脱落する理由の多くは、服薬を続けられなかったことによるものなので、通知の機能は非常に重要だ。