ストレス社会を背景に、患者数が年々増加の一途をたどるうつ病。この病の診断は医師が患者の話を聞く「問診」が主軸だ。医師はそのやりとりを基に主観的に診断を下すことになるので、診断名が医師によって異なることも珍しくない。そのため現場では、だれが診断しても結果が一致するような、客観的な診断法の登場が待たれている。

その一つとなり得るのではと注目されているのが、血液検査でうつ病を診断するというまったく新しい検査法だ。川村総合診療院(東京都港区)の川村則行院長らは、うつ病患者では血液中の「リン酸エタノールアミン(PEA)」という物質が低下していることを突き止めた。他の精神疾患との鑑別も可能なので、より正確なうつ病診断ができると期待されている。

「言葉に頼る問診には、どうしても限界がある」

 川村院長は国立精神・神経センター(現・国立精神・神経医療研究センター)に在籍していた2000年頃から、うつ病の新しい診断法に関する研究に着手。うつ病のバイオマーカーになり得る物質の探索に乗り出した。その理由をこう語る。

川村則行(かわむら・のりゆき) 川村総合診療院 院長
1961年生まれ。東京大学医学部医学科卒業。同大学院博士課程(細菌学)修了。医学博士。国立相模原病院を経て国立精神・神経センター心身症研究室長。独マックス・プランク精神医学研究所、米国立精神衛生研究所(NIMH)留学。2011年に開業。臨床分子精神医学研究所を併設。近著に『うつ病は「田んぼ理論」で治る』(PHP研究所)がある(写真:剣持 悠大)

 「言葉に頼る問診には、どうしても限界がある。医師と患者との間でコミュニケーションエラーが起こりやすいし、しかも医師は自分の経験則と長年の勘に基づいて主観的に診断を下すため、医師によって診断名が異なったり、時には誤診だったりすることもある。診断が正しくないと、当然、治療はうまくいかない。そこで物質的な指標を用いた客観的な診断法が必要だと考えた。うつ病も糖尿病などの体の病気と同じように血液検査の数値を参考にして診断を下せるようになれば、今よりもずっと正確な診断が可能になる」

 2007年からは、慶應義塾大学先端生命科学研究所の研究成果をもとに生まれた「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)」(山形県鶴岡市)と共同研究を始め、バイオマーカー探索にさらなる弾みがついた(関連記事)。HMTには「キャピラリー電気泳動を用いたメタボローム解析法」という独自の画期的な技術があり、水に溶ける代謝物のすべてを網羅的に分析できる。血液中の物質を調べるには格好の技術だったわけだ。

図1●疾患ごとのPEA濃度の比較図
14の診断分類ごとに血中PEA濃度を調べた結果、統計学的な有意差をもって健常者より明らかに低かったのは、「うつ病群」と「うつ病部分寛解群」だった。統合失調症でも低下していたが、診断に使えるほどの有意差ではなかった(出典:川村院長著書『うつ病は「田んぼ理論」で治る』p.224を基にBeyond Healthで作成)

 そして2009年、うつ病の患者と健常者との間で明らかに濃度が異なる物質が見つかった。それが「リン酸エタノールアミン(PEA)」だ。うつ病では、この物質の血液(血漿)中の濃度が明らかに低下していたのだ。

 図1は、うつ病などの精神疾患のある患者と健常者とで血中のPEA濃度を比較したものだ。「うつ病群」とうつ病が部分的に改善した「うつ病部分寛解群」では、健常者より明らかにPEA濃度が低下していた。「統合失調症でも低下傾向が見られたが、診断に使えるほどの有意差はなかった」と川村院長は言う。

「これだけの精度で診断できる物質は他に見つかっていない」

 血液中のPEA濃度は、1.5μM(マイクロモーラー)が目安で、これより低いとうつ病だと診断できる。77人を対象に検証した結果では、うつ病の人を「うつ病である」と正しく診断できた確率(感度)は88.1%、うつ病でない人を「うつ病でない」と正しく診断できた確率(特異度)は88.6%だった。「うつ病のバイオマーカーについては世界中で研究が進められているが、今のところ、これだけの精度で診断できる物質は他に見つかっていない」と川村院長は自信をのぞかせる。国内外の研究者からの問い合わせも少なくないそうだ。

* Psychiatry and Clinical Neurosciences 2018; 72: 349-361

 PEAはほとんどすべての生物種に存在し、脳や肝臓、動脈、心筋などに含まれる。中でも圧倒的に多いのは脳で、神経細胞の軸索部分や細胞膜に多く存在する。脳内ではリン酸アナンダミドが分解された結果、PEAやアナンダミドが生まれる(図2)。アナンダミドは脳内麻薬様物質(脳内に自然状態で分布している麻薬のような作用のある物質)で、喜びや快感に関わる報酬系の物質の一つ。お釈迦様の弟子の名前“アーナンダ”に由来し、もともと「歓喜」を意味する。

図2●脳内でPEAが作られるプロセス
脳内でリン酸アナンダミドが分解されると、アナンダミドやPEA、アラキドン酸が生じる。これらは血液中に溶け込んで全身を巡る。うつ病では、大元のリン酸アナンダミドが減るため、その分解物であるPEAなどの物質も減少する。アナンダミドやアラキドン酸は脳以外の経路でも血中に増えるので、うつ病のバイオマーカーとしては使えない(出典:川村院長著書『血液でうつ病を測る』p.13を基にBeyond Healthで作成)

 「PEAも、同様に喜びなどの感情に関係していると考えられる。うつ病は喜びを感じられなくなる病気だから、脳内で喜びに関わる物質が少なくなっているのも当然と言えば当然だろう。PEAができる過程については、リン酸アナンダミドが“弁当”で、弁当の“中身”がアナンダミド、弁当の“容器”がPEAと考えるとわかりやすい。弁当が減れば容器も減る。容器を数えれば弁当の数もわかるというように」と川村院長は説明する。

 なお、うつ病と明らかな相関がある物質はPEA以外にも見つかったそうだ。「タウリンもPEA同様、うつ病になると減少することが判明した。しかし、食品や薬品、ドリンク剤などにも含まれる物質なので、食事などの影響を受けやすい。結局、うつ病に特異的なマーカーとなり得るのは、唯一PEAだけだった」。

血液には脳の不調が反映されている

 それにしても血液を調べることでうつ病を診断するという発想はどこから生まれたのか。血液に目を付けた理由は、川村院長自身が過去に行ったPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究にあったという。PTSDとは災害や事件、事故などで非常に強い精神的ショックを受け、その後も長期にわたって強い恐怖や精神的苦痛が続く障害のこと。今から20年以上前になるが、川村院長はPTSDの患者の協力を得て、血液中の免疫細胞を調べた。結果は驚くべき内容だったという。

 「患者さんたちはPTSDの原因となるトラウマを経験してから10年以上が経っていたにもかかわらず、免疫力が通常の4分の1にまで低下していた。私は当時、脳と免疫との関係を調べる『精神神経免疫学』を熱心に研究しており、精神的ストレスが細胞性免疫を低下させることは理解していたが、これほどの例は見たことがなかった。免疫担当細胞のほぼすべては血液中に存在している。精神的ストレスによって免疫力が低下するという事実は、血液には脳の不調が反映されることを如実に物語っている。つまり、脳と血液との関係がこれほど密なら、血液中の物質の変化を調べることで脳の中の状態を推し量ることもできるのではないか、と」

 川村院長のクリニックでは初診時に血液検査を行い、その結果と問診によって総合的にうつ病の診断を下している。血液検査は今のところ研究目的の段階なので、希望者には無料で受けてもらっている。この検査を希望して受診する人も少なくないそうだ。「長い間、うつ病の治療を受けているのによくならないという患者さんが多い。本当にうつ病なのか知りたい、正しい診断に基づいた治療を受けたいという声をよく聞く」と川村院長。

他の病気との鑑別、重症度の判定にも

 PEAを調べる血液検査は、うつ病の診断だけでなく、よく似た病気との鑑別にも役立つ。「適応障害や不安障害、パニック障害などとの区別は9割方可能になった。またPEA濃度が低いほど、うつ病の程度も重いので、重症度の判定にもなる」という。

 川村院長は表1のように、うつ病の発症から完治までを季節になぞらえて5段階に分け、治療を行っている。最も症状が重い“冬”、薬物治療の効果を実感し始める“春”、調子がよくなって主観的には回復したように感じられる“初夏”、仕事や家事を問題なくできるようになる“夏”、そして再発の心配もなくなって完治する“実りの秋”だ。PEA濃度もこれらの段階に応じて変動する。

表1●うつ病回復へのロードマップ
川村院長はうつ病の病態を5段階に分け、段階に応じて治療内容を変えている。PEA濃度は、うつ症状が最もつらい“冬”が一番低く、その後は治療に伴って徐々に上昇。“夏”以降は正常域に戻る。PEA濃度は、患者が回復途上のどの段階にいるかを知る目安にもなる(出典:『うつ病は「田んぼ理論」で治る』より改変引用)

 興味深いのは“初夏”だ。この時期は調子がよくなって「もう治った」と思い込み、薬を勝手にやめてしまう患者がたくさんいるという。しかし、PEA濃度をみると、この段階ではまだ低値のことが多い。

 「ここで薬をやめてしまうと数か月後には再発して、また“冬”の段階に逆戻りしてしまう。治ったように思えても、脳の中はまだ治癒には至っていない。PEA濃度をみると、そのことがよくわかる。 うつ病は再発が多いといわれるが、その大きな原因がこのように途中で薬をやめてしまうことではないかと想像している。なぜなら、“初夏”の後もしばらく継続して薬を飲むことで、損傷を受けた脳が完治に向かう。その回復過程を省くことになるからだ」。川村院長のクリニックでは、初診時以降も何度か血液検査を行い、治療効果の確認や減薬、薬のやめどきなどの判断材料にしているという。

実用化への課題は…

 今後、血液検査を普及、実用化させるには、クリアしなければならない課題もある。その一つが、採血などを行う際のテクニックだ。採血して遠心分離機にかけるだけなのだが、これが思いの外、繊細な作業だという。「血液を抜くときの速度や遠心分離機の角度、時間などでPEAがうまく測定できないことがある。職人レベルのコツの話になるが、誰がやってもちゃんと結果を出せる仕組み作りが必要だと考えている」と川村院長。また、現在はメタボローム解析でPEAを測定しているが、より低コストでできる測定法の開発にも取り組んでいるという。

5mL採血すれば、PEA濃度を測定できる(写真:剣持 悠大、以下同)
採取した血液に抗凝固剤を入れ、遠心分離機にかける
上澄みの血漿を取り出し、チューブに入れてHMTに送付。2週間ほどでPEA濃度がわかる。一連の作業は簡単なように見えて、実は繊細さを要するという

精神疾患は“物質の病気”であり、“体の病気”

 精神疾患は“物質の病気”であり、“体の病気”である──。これは川村院長の持論だという。「“心”という目に見えないもので語るより、体の病気と同じように物質で解き明かしたほうが理解しやすい。精神疾患も体の病気と同じように物質で説明できるようにしたいと考えている」。

 川村院長は細菌学やウイルス学を学び、また心と体の両面を診る心療内科医として研究と治療経験を積んできた。一般の精神科医とは異なる、そのようなキャリアが、「精神疾患を体の病気として捉える」という発想につながったと言えそうだ。川村院長の挑戦はこれからも続く。精神疾患に対するイメージが今後、変わっていくことになるかもしれない。

(タイトル部のImage:剣持 悠大)