空気のことを真剣に考えるダイキン工業。同社は今、「空気・空間(Air)」に「技術(Tech)」を掛け合わせた「AirTech」という言葉の下、新たな価値創造を目指している。スタートアップの発掘にも力を入れており、2019年7月にはサムライインキュベートと共同で事業立案プログラム「AirTech BootCamp」を開催した。「これまでの協業とはやり方を変えてみた」という取り組みを通じて、ダイキンは何を狙っているのか。

 空気は生物が酸素を取り入れる手段であり、太陽の光や熱、宇宙線などから地表の生物を保護するもの。清浄であれば心地よく、汚染されれば病気を引き起こす恐れがある。つまり空気は、我々の生命・健康に直結するものだ。にも関わらず、「空気のような存在」という言葉が表すように、多くの人が日常でそれについて意識することは、あまりない。

 空気のことを思うのは「やっぱり山の空気は美味しい」とくつろぎを感じたり、「閉め切った部屋の空気が汚れていて喉を痛めそう」と健康に害を及ぼす危険性を感じたときくらいだ。そういえば、場の雰囲気を察して臨機応変に動けない人に対して「空気が読めない」と非難するが、ここでいう「空気」も、暗黙のうちに把握できないときほど注目される。

 だが、空気のことばかり日々、考えている人たちもいる。空調機器大手のダイキン工業(以下、ダイキン)も、その中に含まれるだろう。同社は、空気の温度や湿度、気流、清浄度をコントロールする技術を持ち、エアコンをはじめとする多くの製品を生み出してきた。そして同社は今、「空気・空間(Air)」に「技術(Tech)」を掛け合わせた「AirTech」という言葉の下、新たな価値創造を目指している。

スタートアップの技術・アイデアに期待

 同社は、スタートアップ企業への投資や大企業の事業創造支援などを行うサムライインキュベート(本社東京)と共同でオープンイノベーションの取り組みを始めた。両社は2019年7月から2023年までの5年計画で、スタートアップや大学の研究者を対象とした事業立案プログラム「AirTech BootCamp」(エアテックブートキャンプ)を開催。実現性が高いと評価されたアイデアについては今後、ダイキンが協業を、サムライインキュベートが2000万~3000万円の出資を検討する。空調機の開発で培ったダイキンの技術と、外部の技術やアイデアを組み合わせることで、「健康的な空気」「快適な空気」「生産性の高い空気」を実現する技術・事業を開発し、育成していくという。

写真1●ダイキン工業 テクノロジー・イノベーションセンター 副センター長(技術M&A担当)兼 経理財務本部 財務グループの三谷太郎氏(写真:川島 彩水)

 このプログラムを通して「これまでリーチできていなかった相手とも手を組みやすくなる」と期待を語るのは、外部の企業や大学、研究機関との協業を推進するダイキンの拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」(大阪府摂津市)の副センター長で技術M&Aを担当する三谷太郎氏だ(写真1)。

 「まだ起業していない人や、起業して間もないため世間での注目度が低い会社ともパートナー関係を築いてきたい。また、社内の技術者が連携先を考えると、どうしても自分たちが持つ技術に近いものを探してしまう傾向にあるので、これまでと全く違う技術・領域と、こういう場で接点が持てればと考えています」