相手の声を聞いただけで、「あれ、今日は元気がないな」とか、「どうも虫の居所が悪いようだ」などと感じた経験は誰にでもあるだろう。声にはその時々の感情が反映されやすいが、最新の音声分析技術を用いると心の健康度や病気までがわかるという。PST(神奈川県横浜市)が開発した「MIMOSYS(Mind Monitoring System=ミモシス)」は、声から心の元気度を測るソフトウエア。2017年の上市以降、ヘルスケア領域で活用され、スマホの無料アプリにもなっている。

さらに、この進化形として現在、研究開発中なのが、声で病気がわかる新技術「VOISFIA(ボイスフィア)」だ。声を分析するだけで、うつ病や認知症、パーキンソン病などの病気が判別可能だという。PSTでは、これを診断補助ツールとして完成させ、数年後には医療機器の認証も取りたいと意気込む。

診療の際は体温や血圧などと同じように、声も測る──。そんな光景が将来、普通に見られるようになるかもしれない。コロナ禍でオンライン会議や遠隔診療などが広がる中、非接触でも採取可能な声は新たな生体情報(バイオマーカー)として注目されている。

 スマホに向かって言葉を発すると、声を自動的に分析して心の元気度を示してくれる──。そんなアプリが無料で利用できるというので、筆者も早速ダウンロードしてみた。

ミモシスの画面。言葉を発した時点での心の状態が「元気圧」として表示される(左)。直近2週間の心の元気さの傾向を示す「心の活量値」もグラフで示される(右)。心の健康のセルフチェックに役立つ(出所:PST)

 アプリの名前は「MIMOSYS(ミモシス)」。やり方は簡単で、「いろはにほへと」「ガラパゴス諸島」「がんばるぞー」など、画面に提示される言葉を6つ以上発すると音声を分析して、その時点での心の元気さを表す「元気圧」や直近2週間の心の元気さの傾向を示す「心の活量値」を表示してくれる。継続的に利用すれば、週ごと月ごとのデータもグラフ化されるので、心の状態がどう推移するか把握できる。

 PSTと共同研究をしている医師で東京大学大学院工学系研究科音声病態分析工学講座の徳野慎一特任教授は、次のように話す。

 「元気圧は計測時点での心の状態を表すので、その時々の状況やストレスに応じて変動する。元気いっぱいのときに測定すれば高くなるし、いやなことがあったときなら低くなる。体調がよくないときも下がりやすい。実際、急に低値になったと思ったら、その後インフルエンザを発症したという例もあった。一方、心の活量値では、心の状態の時系列的な傾向がつかめる。じわじわと右肩下がりになっていたら要注意。放っておくと、うつ病を発症するリスクがある」

東京大学大学院工学系研究科音声病態分析工学講座の徳野慎一特任教授(写真:的野 弘路)

 感情は常に変化しているし、当の本人がストレスに気づいていないことも多い。そんな心の状態を声の分析を通して「見える化」することで、不調のサインにいち早く気づくことができる。心の健康が損なわれているとわかれば、早めに休養を取ったりストレスを発散したりして、病気になる前に手を打つことも可能だ。体温計や血圧計、体重計などで体調を管理するのと同じように、声で心の健康状態も日常的にチェックできるわけだ。