2017年に起こったC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品流通事件が一つの契機となり、医薬品の正確なトレーサビリティへのニーズが高まっている。そうした中、医薬品サプライチェーン全体において「RFID」を活用する仕組みが動き始めた。

 RFIDとは、ID情報を埋め込んだ微細なチップを用い、無線通信で情報の読み込みや書き換えによってさまざまなモノを識別・管理するシステム。医薬品サプライチェーンにおいてこの仕組みが整えば、偽薬防止のほか、在庫管理や入出庫関連業務の省力化にもつながる。

 共同開発を進めているのは、画像検査技術を持つマイクロ・テクニカと自動認識技術によるソリューションを提供するサトーヘルスケア、そして薬の資材メーカーである大成化工、クオリカプス、藤森工業の5社だ。2020年の販売開始を目指している。

 医療機器の分野では、一部でRFIDを採用していく動きが出ているものの、ヘルスケアの市場でRFIDの活用はまだあまり進んでいない。「カンフル剤になればと、今年7月開催の『第21回 インターフェックスジャパン』に参考出品し、上々の反響を得た。RFID自体はユニクロなどのアパレル業界でも活用が進み、一般への認知も高まっている。医薬品のサプライチェーンを変えるには今がチャンス」と、サトーヘルスケアPSシステムマネジメントグループグループ長の須賀広道氏は意気込む。

サトーヘルスケアの須賀広道氏(写真:新関 雅士)