悩みをスマホ画面に打ち込むとブッダ(仏陀)が即座に答えてくれる──。そのような未来を夢見て、世界最古の仏教経典「スッタニパータ」をAI(人工知能)学習させ、様々な悩みに対し仏教的観点から回答する対話AI「ブッダボット」。その開発を進めているのが、京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門長の熊谷誠慈准教授だ。一見おもちゃのように見えるアプリだが、熊谷さん率いる研究チームはこの「ブッダボット」の技術要素とテクノロジーを融合させ、ストレスフルな現代人の心を最良の状態に導くサイキ・ナビゲーション・システムの実現を目指している。

仏教経典を機械学習させ、LINEでブッダと対話

 今ひとつやる気が出ない。会議のためにアイデアを出さなくてはいけないのに──そんなときに言葉を打ち込むとブッダが「教え」を授けてくれる対話ボットが「ブッダボット」。開発者は、京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門長の熊谷誠慈准教授だ。

 ユーザーとロボットが会話するチャットボット(対話型AI)は既にニュース配信や商品説明、問い合わせ対応などの分野で活用されているが、学術的背景をもとに宗教の経典がチャットボットになるのは“世界初”だと言われている。

京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門長の熊谷誠慈准教授(写真提供:熊谷氏、以下クレジットのないものは同)
京都大学こころの未来研究センター上廣倫理財団寄付研究部門長の熊谷誠慈准教授(写真提供:熊谷氏、以下クレジットのないものは同)
[画像のクリックで別ページへ]

 AIと仏教。対極にありそうな2つを融合させた背景にはどのような発想があったのだろう。そこには、熊谷准教授が京都の天台宗寺院・青蓮院問跡(しょうれんいんもんぜき)の東伏見光晋執事長と共有してきた問題意識があった。

 「多くの現代人にとって、仏教はもはや観光や葬式でしか接点がありません。もっと仏教の価値に親しんでもらうにはどうすればよいか、と長年話し合ってきました。あるとき、体のフィットネスと同様に仏教も心のフィットネスのような形で役立てられるのではないか、と東伏見さんが話されました。私自身、ブータンの研究を行ったときに、仏教の本質は“幸せになるための教え”である、と感じていました。仏教をきっかけに幸せになることがあれば、きっとその人は仏教を好きになるのではないか、と思ったのです」(熊谷准教授、以下コメントは全て同)

 仏教に触れてもらう手段として着目したのが、AI(人工知能)だった。

開発中の「ブッダボット」LINEアプリ画面(画像提供:古屋 俊和氏)
[画像のクリックで別ページへ]
開発中の「ブッダボット」LINEアプリ画面(画像提供:古屋 俊和氏)
[画像のクリックで別ページへ]
開発中の「ブッダボット」LINEアプリ画面(画像提供:古屋 俊和氏)