秋田県南部に位置し、豊富な水資源と豊かな自然に恵まれた美郷町は2004年千畑町、六郷町、仙南村の2町1村が合併して誕生した町。2020年東京五輪・パラリンピックでタイのバトミントン・ナショナルチームが事前合宿をするほか、アウトドア用品のモンベル(大阪市)と包括提携を締結、県内初の直営店を誘致した。旧仙南村長を経て、合併以来町長を務める松田知己(まつた・ともみ)町長にスポーツを活用した町おこしについて聞いた。

美郷町・松田知己町長(写真:淡路 敏昭)

バトミントンが盛んですね

 もともと旧仙南村は相撲熱が高く、国体の秋田県代表選手を多数輩出するほか、大相撲力士も誕生するなど相撲が「村技」と言われていました。また、旧六郷町はバスケットや自転車競技が、千畑町は駅伝などランニングが盛んで、スポーツ全般に関心が高い地域でした。

 合併3年後の2007年秋田わか杉国体で、美郷町の美郷総合体育館リリオスがバトミントンの会場になりました。秋田県はバトミントン世界選手権女子ダブルスで2連覇を達成した永原和可那選手、松本麻佑選手が所属する北都銀行が実業団トップクラスの強豪チームで、全国から有力選手が集まるなど注目を集めています。

 そういった土台があったのですが、秋田国体で各都道府県の代表選手470人が今でいう民泊のようなスタイルで町内の民家に宿泊しました。その結果、さらにバトミントンは町民に身近な競技になりました。今ではスポーツ少年団でもバトミントンが一番の人気です。

タイとの交流もバトミントンがきっかけですか?

 タイと美郷町の交流は北都銀行のバトミントン部がタイ・バトミントン協会と交流があったことが縁で、2015年4月にタイのジュニアナショナルチームが美郷町で合宿をしたことから始まりました。練習場、宿泊場として、国体会場となった美郷総合体育館リリオス、廃校を整備して宿泊施設とした宿泊交流館ワクアスを提供しました。体育館はバトミントンの国体会場として建設されたこともあり、天井も高く、壁の色もバトミントンのシャトルが見やすいのです。