ここ数年、東京・日本橋が、医療系のスタートアップが集う「産業クラスター」として、注目を集めるようになっているのをご存じだろうか。人呼んで「日本橋バレー」。仕掛け人は、創業の地である日本橋で新たな街づくりに取り組む三井不動産だ。

日本のライフサイエンスにおける研究開発環境への貢献を通じて「産業創造」を目指す同社は、ライフサイエンスの東西の集積拠点である東京・日本橋と大阪・道修町を中心とする一帯で、ヘルスケア関係の企業・団体向けに「場」を整備する一方、これらプレーヤーの「コミュニティ」の構築に力を入れ、イノベーションの創出と産業創造に向けたエコシステムの構築に挑んでいる。取り組み開始から約5年半。プロジェクトの経緯と今後の事業展開を追った。

日本橋エリアに多数のスタートアップを誘致

 三井不動産がライフサイエンスの産業創造に取り組み始めたのは、創業の地として街づくりを進める東京・日本橋で産業の活性化を支援できないかという発想からだ。日本橋は多くの医薬品会社が立地する街。江戸時代には薬種商が集まり、関東の薬品取引の中心だった地の利もあり、テーマには自然とライフサイエンス分野での産業創造が据えられた。

 まず手掛けたのが、不動産会社の本業と言える「場」の整備。日本橋一帯では2021年9月現在、「ライフサイエンスビルシリーズ」と名付けた賃貸オフィスビルやカンファレンスルームなど15拠点を展開し、企業・団体の集積を促す。ライフサイエンス・イノベーション推進部長の三枝寛氏は「当社保有ビルを主軸としたリノベーション工事により、需要に応じた拠点展開が可能」と、同社の強みを訴える。

 これらの「場」には、オフィス家具をはじめとする備品を備えたサービスオフィスと一般的な賃貸オフィスの2タイプの他、オープンイノベーションには欠かせないカンファレンスルームやコミュニケーションラウンジが用意されている。

 拠点ビルに入居する企業にはライフサイエンス分野のベンチャーが多くを占め、その数は81社(2021年10月末現在)。このようなライフサイエンス系ベンチャー企業を対象に、ベンチャーキャピタル(VC)が組成するファンドへの投資を通じ「資金」の提供も行っている。「ベンチャー育成・支援の環境を整えるVCを支援するのが狙いで、投資対象の成長は将来的に当社で提供する拠点の利用にもつながる」(三枝氏)。

2020年、日本橋10カ所目の拠点として開設された、日本橋室町三井タワーの「GLOBAL LIFESCIENCE HUB」
2020年、日本橋10カ所目の拠点として開設された、日本橋室町三井タワーの「GLOBAL LIFESCIENCE HUB」
[画像のクリックで別ページへ]