スナック都ろ美から探る、インクルーシブな食文化

 現在、スナック都ろ美の中心メンバーは、加藤さんと永峰さんを含めて6人。オンラインミーティングを通じて情報交換の機会を持ちつつ、イベントや勉強会を実施している。

 既にいくつかのオンラインイベントをスタートさせている。7月からは月に2回、オンラインミーティング機能を使って家族横断的に夕食タイムを過ごす企画、「バーチャル大家族 みんなでいただきます」を実施中。9月には嚥下障害対応のおやつを楽しむオンラインイベント「スナック都ろ美 de むせないおやつタイム」を開催した。

 むせないおやつタイムを開催するに当たっては、嚥下に配慮した「むせないケーキ」を製造・販売しているカフェ、カムリエ(東京都文京区)の協力を得た。参加者には事前にカムリエのケーキのアソートセットを送付。ケーキを食べつつ、カムリエ店長である志水香代氏による嚥下に配慮したレシピのレクチャーを受けながら、参加者同士で意見交換や情報交換を実施した。

オンラインイベント「スナック都ろ美 de むせないおやつタイム」の様子。画面はカムリエの店長・志水香代氏による、とろみのある「むせない炭酸ドリンク」のレシピ紹介シーン(画像提供:スナック都ろ美)

 11月14日には、摂食嚥下障害を専門とする歯科医師で東京医科歯科大学教授の戸原玄氏を招いた質問会「嚥下障害について気軽に質問できちゃう会」を開催する予定だ。加藤さんは「従来型の勉強会のような堅い形態にせず、気軽に参加しつつも有用な情報が得られるスタイルにした」と語る。