藤田医科大学(愛知県豊明市)がロボットと医療・介護の融合をテーマに研究開発を進めている。大学病院内と、近接する団地の一画に実証施設となる「ロボティックスマートホーム」を設け、実際に高齢者や医療や介護の手助けが必要な方に使ってもらう。「真に役立つ製品作り」に欠かせない工程でありながら、実はこれまでおろそかにされがちだった部分でもある。研究の中核を担う田辺茂雄准教授に話を聞いた。

豊明団地内にあるロボティックスマートホーム(出所:藤田医科大学)

 「とよちゃん」「はい」「電気をつけて」「OK、電気をつけるね」

 トヨタ自動車の開発した生活支援ロボット「HSR(Human Support Robot)」と利用者の会話だ。藤田医科大学病院内にある実証施設内でのひとコマである。

 ここでは、愛知県立大学との共同研究を通してHSRをカスタマイズし、より親しみの持てるロボットに“育てて”いる。名前は「とよちゃん」。トヨタ自動車と豊明市の両方が名前の由来だという。

 筆者もとよちゃんに話しかけてみた。名前を呼ぶと、彼(彼女?)はこちらを向き、少し見上げるようなかっこうだ。思わず「うん、可愛らしいな」と気持ちが和む。

 「ブラインドを開けて」

 とお願いすると、

 「OK、ブラインドを開けるね」

 と答えてくれる。このとき、ブラインドのある方向に顔を向けるのがニクイ。しばらくするとブラインドが自動で開く。

 藤田医科大学 ロボティックスマートホーム・活動支援機器研究実証副センター長の田辺茂雄准教授が解説する。

 「人型のロボットがブラインドのある場所まで歩いて行き、アームで紐を引っ張るなどしてブラインドを開けるのであればわかりやすいのですが、そうした機能はロボットにとって非常に難易度が高く、また何から何までロボットハンドで行うのは合理的ではありません。とよちゃんは、家の中のあらゆる機器がIoTでつながっているので、電気をつけたり、ブラインドを開けたり、テレビをつけたりなどの作業をお願いすることができる。ただ、ブラインドがひとりでに開くとこれはこれでわかりにくい。だから対象物の方向に顔を向け、『今からブラインドが開きますよ』ということをそれとなく知らせるわけです」(以下「」内はすべて田辺氏)

 実際に高齢者に使ってもらい、その意見をフィードバックしているからこその細かな工夫だ。

スタッフから空のペットボトルを受け取るとよちゃん(写真:末並 俊司)

 とよちゃんにはロボットハンドがついているので、モノを掴むことができる。飲み終わったペットボトルなどをゴミ箱まで持っていって捨てるといった“雑用”も愚痴ひとつこぼさずにこなしてくれる。

 「とよちゃんのように雑用全般をこなすロボット。ベッドやトイレに移動・移乗するためのロボット。またテレビ型の情報支援ロボット。これらを組み合わせることによって『高齢者の安心快適な在宅生活を可能にする』。これがロボティックスマートホームのコンセプトです」

利用者の近くにあるからこその実証施設

 介護・看護が必要な方々のためのロボットの開発はこれまでも様々な機関が取り組んできたし、今現在も盛んに行われている。本当に使いやすいロボットに仕上げるために、是非とも必要なのが実証実験だ。ところがここがネックとなり尻つぼみになるプロジェクトも少なくないという。

 「できあがったものを若年の健常者が要介護者の気持ちになって試したり、よくても高齢の健常者が試したりといった実証実験が多い。真のユーザーに試してもらう前に終わってしまうということです。それではいつまでたっても本当に必要なものを生み出すことはできない。

 このような問題を解決するため、我々は2017年に病院に近接するUR豊明団地の中に戸建てのロボティックスマートホームの実証施設を整備しました。さらに、2018年には病院内にも研究センターを造り、高齢者や患者さんなど実際に介護の手助けが必要な方に使ってもらうことで本当に必要な機能を研究しているのです」

 上記のように、現在ロボティックスマートホームは病院内と団地の一画にそれぞれ1つずつ設置されている。病院内の施設では研究・開発に力点を置き、ここで一定以上の機能が確認されれば、団地にある施設で使ってみるといった二段構えの構造だ。

豊明団地内のロボティックスマートホーム(出所:藤田医科大学)

 「豊明団地には65歳以上の住人が1000人以上暮らしています。そのうち独居は約300世帯。病院で待つだけでなく、こちらからユーザーさんに近づいて、気軽に体験してもらい、そこからの意見を研究・開発にフィードバックする。おかげで我々の研究から生まれた介護・医療機器は本当の意味で痒いところに手の届くものになっているのだと思っています」

 藤田医科大学は組織の中に地域の医療や介護に関する問題に対処するための「地域包括ケア中核センター」を持っている。ここをハブとして、訪問看護や訪問リハビリの提供なども担う。

 そうした取り組みをより血の通ったものにするため、教員や学生が近接する豊明団地に住み、地域と交流しながら親睦を深めている。団地の中に誰もが医療相談を受けることができる「まちかど保健室」を設置し、定期的に健康講座を開催するなどの地域貢献も活発だ。

 「そうした現場から吸い上げる医療ニーズも、もちろん研究に役立てています」

医療・介護とリハビリテーション工学のバイリンガル

 ご説明頂いている田辺茂雄准教授は大学時代に理学療法学を学んだ。その後、大学院博士課程から工学部に移り、リハビリテーション工学を修めたという変わり種である。だからこそ医療・介護とテクノロジーの両面からモノを見ることができる。いわば医療・介護と工学のバイリンガルだ。

 「医療や介護の現場のニーズを技術者に過不足なく伝えるのは結構難しい。その逆もまた同じです。両方のことがわかっていないと伝わるものも伝わりません。私のような人材が橋渡しとなることで、より良い開発につながる」

田辺茂雄准教授(写真:末並 俊司、以下同)

 医療や介護が必要な方。そうした人たちを支えるロボット。さらに、IoTが配備されたスマートホーム。3つが一体となるには、それらが入る箱ごとデザインしなければうまく機能しない。そうした思いがロボティックスマートホームプロジェクトの根底にある。

 技術と現場のバイリンガルである田辺氏のような人が介在することで、全体のデザインの正しいカタチが決まるのだろう。

ロボティックスマートホームの中身とは…

 実際のロボティックスマートホームの中身はどういったものなのだろう。

 もとからある箱に、後づけで機器を配置したのではなく、箱を作る段階からデザインしているおかげで、それぞれの機器がまさにスマートに連携している。冒頭で紹介した生活支援ロボットのとよちゃんは、ロボット然としているのでわかりやすいが、これ以外にも様々なロボットたちが活躍している。

 天井のレールに沿って歩行を助けるのは「歩行支援ロボット」だ。可動式の吊り下げ装置が補助するおかげで不意の転倒を防いでくれる。

スタッフに歩行補助ロボットを試用して頂いた

 「例えばリビングでは、レールそのものが縦横に可動するので、部屋のどんな場所でも行きたいところに吊り下げの補助を受けながらたどり着くことができます」

 ソファーの前に設置されているのはただのテレビではない。

 「自宅にいながらにして健康体操などを体験することができます。CGアバターの動きに合わせて体を動かすことで、楽しみながら運動することができ、また『遠隔コミュニケーション』の機能もあるので、離れた場所にいる医師やリハビリテーションスタッフからの助言をその場で受けることもできる」

 車椅子型の移乗支援ロボットも頼もしい存在だ。

 「これはまだプロトタイプですが、要介護者の声を隅々にまでフィードバックしたロボットです」

ベッドにぴったり“幅寄せ”可能の車椅子型ロボットから自力で移乗

 いくつになっても自宅で過ごしたい。多くの人が本心ではそう思っている。しかし実際はその望みを断たれてしまうことが少なくない。

 例えば車椅子生活者の場合。便器への移乗ができないために自宅での生活を断念するといったことが起こる。それ以外は何不自由なくできているのにだ。移動・移乗の不自由は、自立の最大のネックといっていい。

 藤田医科大学が開発した移乗支援ロボットはまさに「痒いところに手が届く」機能を複数備えている。

 「やってみるとわかるのですが、狭い室内で車椅子をベッドに隙間なくぴったりつけるのは実は難しい。何度も切り返して、やっと近づけるのですが、やっぱり隙間が開いてしまう。私達が開発した車椅子型の移乗支援ロボットは、特殊な形状の車輪を採用することで横移動が可能です。なので、ベッドに隙間なく近づくことができる。

 さらに、乗り移りの際に障害となりやすい肘置きを収納することができるので、半身が麻痺しているような方でも一人で移乗が可能です」

 これらロボットがそれぞれの能力を120%発揮できるよう、ロボティックスマートホームは今日も進化を続けている。またこの取り組みの一部は、知の拠点あいち重点研究プロジェクトIII期に採択されており、IoTの充実などのさらなる加速が期待される。

 超高齢化社会に足を踏み入れている我が国だが、藤田医科大学の取り組みが広く普及すれば、いつまでも安心して自宅で過ごすことができる社会が到来するはずだ。

(タイトル部のImage:末並 俊司)