複数の営業先を回るセールスマンは移動距離をなるべく短くしたいと考えるもの。地図を広げて複数の行くべき場所をポイントし、より短い距離で一筆書きする。簡単なようで実はこれ、ものすごく難しい数学的な脳みそが必要だ。世にいう「巡回セールスマン問題」である。数字音痴を震え上がらせる難問として知られるが、介護現場でも日夜この問題と格闘している人がいる。デイサービスなどの利用者を送り迎えする送迎業務に携わる方々だ。そんな彼らの苦労を一挙解決するかもしれない凄腕アイテム「GeoRouterCare」が、2019年10月に登場した。開発者の湯浅剛氏に話を聞く。

ジオインフォシステムの湯浅氏(写真:末並 俊司、以下同)

 「Aさんのご自宅のまわりは道が狭いので軽自動車しか行けないけど、途中でBさんとCさんをピックアップしなきゃいけないんですよね」

 「でもBさんは車いすだから、トランクが大きめでないとなぁ。となると、ちょっと大きな車がいいんだけど、それだとAさんに大通りまで歩いてもらわないとダメだし……」

 デイサービスの事業所などで日常的に交わされているこうしたやり取り。利用者が数人で、みなさんご近所であればピストン輸送でもなんとかなる。しかし、規模の大きなところであれば、日に100人を超える利用者を抱える事業所もある。これを限られた数のスタッフと車で送迎するわけだ。

 もちろん、全ての方に送り迎えが必要なわけではない。ご家族が連れてくる利用者もいるだろうし、公共の交通機関を使って自分で行き帰りする方もいる。

 ところが「昨日転んでしまって、急遽お迎えが必要なんです」といった要望も入る。送迎を担うスタッフは日々気が抜けない。

 ジオインフォシステム(富山県富山市)の湯浅剛代表が語る。

 「送迎の計画から実際の送り迎えまでが、1日の作業の約3割になるという事業所もあるようです。これを圧縮できれば、他の業務を行う時間が増えて、ご利用者の幸福につながる」

 同社は機械学習などの技術を使い、様々な情報を「見える化」する製品づくりに取り組んでいる。なかでも、地図の情報を読み解き、より便利な利用法を提案するという分野では知られた会社だ。

 「例えば営業先がA~Tまで20軒あるとして、これの最適コースを割り出すとします。最も正確なのは、全てのコースをちくいち数え上げ、そこから最適なものをピックアップするという方法。ただこのやりかただと、AからB、AからC、AからDなどと全てのコースを検討しなければならない。営業先が20ですから、数学的にいうと検討すべきは19の階乗になります。コースの数は120京を超えます。京ですよ。兆の次です。とても現実的じゃない」(湯浅氏、以下「」は全て同じ)