大腸がんは、日本で一番多いがん。男女合わせた罹患数は第1位で、死亡数は肺がんに次ぐ第2位。女性に限ると、がん死のトップに位置する。大腸がんが増えている主原因は食生活の欧米化だといわれるが、そもそも食生活が変わるとなぜ大腸がんが増えるのか。近年、それを解明する鍵として注目されているのが腸内細菌だ。

大阪大学大学院医学系研究科がんゲノム情報学教室の谷内田真一教授らは、メタゲノム解析とメタボローム解析を用いて超早期の大腸がんに関わる腸内細菌を突き止めた。さらに腸内細菌やその遺伝子配列と代謝物質などを組み合わせて解析することで、8割近い感度でごく初期の粘膜内がんの診断も可能になるという。近い将来には、便検査による大腸がんの超早期発見が可能になりそうだ。また、健康なうちから大腸がんができにくい腸内細菌叢に整えることで、大腸がんの発症予防も可能になると期待される。日本で一番多いがんを減らす切り札になるか──。

 私たちの腸内には約1000種類、40兆個、重さにして1k~1.5kgの腸内細菌が存在している。ヒトの全細胞数は約37兆個といわれるが、それを上回る多さだ。この膨大な数の腸内細菌がさまざまな病気と密接に関係していることが近年、明らかになってきた。もちろん、大腸がんも例外ではない。谷内田教授は次のように語る。

 「大腸がんの研究において腸内細菌が一躍注目されるようになったのは、2012年のこと。歯周病の原因菌として知られるフソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium nucleatum)が大腸がん患者の便中に多く存在することが報告され、腸内細菌と大腸がんがひもづくブレークスルーとなった。欧州や米国などでは2008年頃から国を超えた研究プロジェクトを立ち上げ、ヒトの腸内細菌のメタゲノム解析に熱心に取り組んできた。一方、当時の日本では個々の研究者が細々と研究を続けている状況で、完全に出遅れていた」

がんの多段階発がんについて説明する谷内田教授
大腸がんは腺腫(ポリープ)、粘膜内がん、早期がん、進行がんへと多段階で進行する。この「多段階発がん」説を提唱したのが、米国・ジョンズホプキンス大学のバート・フォーゲルシュタイン教授。谷内田教授の留学時代の恩師でもある(写真:今 紀之)

 そんななか、谷内田教授らが2014年から始めたのが、大腸がんの進行段階に応じて腸内環境がどう変化するかを調べる研究。谷内田教授が当時在籍していた国立がん研究センター研究所、東京工業大学生命理工学院、東京大学医科学研究所、慶應義塾大学先端生命科学研究所などとの共同研究で、その結果は2019年6月、米国の医学誌「ネイチャー・メディスン」に掲載された。