「清掃車と介護のノウハウをミックスしたプロジェクト」。これだけ聞いても、それが何を生み出すのか皆目見当がつかない。ごみ収集の清掃車が目となり、認知症の症状のために街を徘徊している人を助けようというのが同プロジェクトの概要だ。他業種と手を結ぶ事で介護士のノウハウを街全体に広げようとするこの試みは、高齢化社会に向けた多くのヒントを含んでいる。

次々と出発していくパッカー車(写真:末並 俊司)
次々と出発していくパッカー車(写真:末並 俊司)
[画像のクリックで別ページへ]

 栃木県下野市の有限会社国分寺産業。地域で3代続く廃棄物処理会社だ。ゴミ回収や浄化槽の保守点検など、地域の美化における縁の下の力持ちである。2021年11月15日、ここを起点に「ふくろうプロジェクト」が始動した。

 午前8時半、プロジェクトのステッカーが貼られたパッカー車(いわゆるゴミ収集車)がそれぞれの回収コースに向け、次々と出発していく。同プロジェクトの呼びかけ人、ステイゴールドカンパニーの横木淳平代表はこう語る。

 「今日からこのパッカー車が街の目になって人の命を救うことになるかもしれないんです」

 人が生活すればゴミが出る。地域ごとに設置された集積所を回収業車は隈なく巡る。国分寺産業代表の田村友輝さんが説明する。

 「ゴミの集積所は、人の住む場所に満遍なく用意されています。これを一つひとつ漏れなく回るわけですから、実は我々清掃業車は街のことを本当に隅々まで知っているんです」

 ふくろうプロジェクトは、国分寺産業のパッカー車やし尿処理の車両などを運転する同社のスタッフが街の目となり、地域の安全を守る試みだ。

 廃棄物収集のために街中を走り回る最中、認知症などの症状で迷子になっているような、つまり保護が必要な人を見きわめ、然るべき場所に報告するのである。