ペットロスという言葉がある。長年飼ってきたペットとの別れがもたらす激しい喪失感のことをいう。連れ添った伴侶のように、いやもしかしたらそれ以上に、ペットの存在は大きい。そうした感情がネックとなり、老後の生活を危うくする例が増えている。新潟県新潟市にある「はあとふるあたご住宅型有料老人ホームおぎかわ」は、猫と暮らせるホームとして注目されている。その取り組みを聞いた。

はあとふるあたご 事業企画本部課長の永正崇文さん(写真提供:はあとふるあたご)
はあとふるあたご 事業企画本部課長の永正崇文さん(写真提供:はあとふるあたご)
[画像のクリックで別ページへ]

 栃木県在住、50代女性が語る。

 「5年前に父が亡くなり、当時70代後半だった母の一人暮らしが始まりました。父がいなくなったことで母はすっかり落ち込んでしまったんです。ペットでも飼えばやることができていいかもしれないと思い、豆柴の『豆ちゃん』をプレゼントしました。そしたらすっかり元気をとりもどしてくれ、ホッとしたんですけど……」

 話はここで終わらない。

 「そんな母も、80歳を過ぎたころから物忘れが激しくなり、やがて認知症の症状が出るようになってきました。一人娘の私は離れて暮らしていることもあり、世話をすることができません。介護施設を探したのですが、入居するためにはペットを手放さなければならない。でも母にとって豆ちゃんは家族同然の存在で離れたくないと泣くのです。最終的にはなんとか説得したのですが、こちらまでいたたまれない気持ちになってしまいました。こんなことになるならペットなんかプレゼントするんじゃなかったと、今は少し後悔しています」

 今年11月に入居募集がはじまった有料老人ホームはあとふるあたご(新潟県新潟市)は、猫と暮らせる施設として注目を集めている。同施設の事業企画本部 課長永正崇文さんが説明する。

 「はあとふるあたごが開設した複合施設おぎかわは、介護付き有料老人ホームが50室。通い宿泊などの複数のサービスが利用できる小規模多機能型居宅介護が9室。住宅型有料老人ホームが32室の複合型施設です。この住宅型有料老人ホームのうちワンフロア12室を猫と暮らせる部屋として運営しています」

 取材時(2021年11月中旬)にはまだ猫連れの入居例はないが、今後は施設利用を検討する要介護者にとって有力な選択肢となるだろう。