妻の活動がきかっけだった

 永正さんの奥さんは地元新潟で、動物の保護活動を行っているという。新しく立ち上げる施設について夫婦で意見交換をしているときに「ペットと暮らせる場所があれば救われるお年寄りは多くいる」という話を聞かされた。

 「長年いっしょに暮らしてきたペットと別れたくないので施設には入らない。そういう高齢者が一定数いる事実を妻の口から聞いた時に、弊社の事業でそのような問題について、なにかできることがあるんじゃないか、と思うようになったんです」(永正さん)

 これがきっかけとなり、猫と暮らせる老人ホームプロジェクトがスタートした。

 ただ、動物といっしょに暮らすのは、簡単なことではない。ましてや介護施設だ。飼育のノウハウやハード面の設備にも限界がある。当初は猫に限らずペット全般、犬やその他の動物の受け入れも考えたというが、当面は猫に限定することとなった。

 「動物愛護センターの関係者などに相談したところ、猫であれば自分のテリトリーさえしっかり確保できれば、トイレの世話なども比較的簡単だし、動物由来の感染症などの心配も低いことから、まずは猫からはじめましょうということになりました」(永正さん)