富士フイルムが4億7000万円出資を決定

 ベンチャーキャピタルなどから、既に40億円以上の資金を調達していることから、期待の大きさがうかがえる。中でも、富士フイルムは、4億7000万円の出資を決めている。同社では長年のフイルム製造で、粒子を均一に並べる技術では世界でトップレベルを誇る。これを医薬品に応用したのが、有効成分を内包して効率的に患部に届けられるリポソーム製剤の技術である。新たにゲノム編集技術との融合を目指して、モダリスとタッグを組んだ。

 森田氏は大学院で化学工学を修めた後、キリンビールに入社。医薬事業本部(現・協和キリン)で血小板産生を調節する造血因子であるトロンボポエチンを作動させる薬の開発に携わった。その後は研究職を離れ、コンサルタントを経て、いくつかのバイオベンチャー企業の経営を手掛けた。理化学研究所発の創薬ベンチャーであるレグイミューンの社長を退いた後、次は、希少疾患を手掛けたいと考えていた折、濡木氏のゲノム編集技術に遭遇した。直接会って技術の手ほどきを受け、知的財産を生かした創薬ベンチャーの立ち上げで意気投合して、モダリスの創業に至っている。

 開発中である筋肉疾患の治療薬の一つは、動物実験で高い有効性が認められており、2年以内にヒトでの臨床研究に進むことを目指している。同じ遺伝子に関わる疾患であれば、動物で効けばヒトでも有効だろうとみられている。また、遺伝子治療のリスクはゼロではないが、標的としない細胞に作用してしまう可能性が、既存の低分子や中分子の薬に比べて格段に小さい。

 森田氏は、「基本的なハードルは越えた。これまでのベンチャー経営経験から、遠回りせず直線に近い道のりで、ゴールが近づいている。根治療法がない多くの希少疾患の治療に貢献したい」と抱負を語る。

(タイトル部のImage:patpitchaya -stock.adobe.com)