国立がん研究センターとNECは、AIを用いて早期大腸がんや大腸前がん病変をリアルタイムに検出するAI診断支援医療機器ソフトウエア「WISE VISION 内視鏡画像解析AI」の医療機器承認を取得したことを発表した。欧州における医療機器製品の基準となるCEマークの要件にも適合している。

WISE VISION 内視鏡画像解析AIを用いて大腸内視鏡検査を行っている様子(出所:国立がん研究センター中央病院 内視鏡科の山田真善氏の発表資料、以下同)

 WISE VISION 内視鏡画像解析AIは、内視鏡画像を解析し、早期大腸がんや大腸前がん病変を検出した場合に、その位置をリアルタイムで円マークと通知音を使って知らせてくれるソフトウエアである。内視鏡画像全体を網羅的に解析するため、「内視鏡医が意識していなかった場所を注視できるようになり、見逃しの抑制が期待できる」と国立がん研究センター中央病院 内視鏡科の山田真善氏は話す。

WISE VISION 内視鏡画像解析AIの概要

 国立がん研究センターでは、2016年から「人工知能(AI)を活用した統合的ながん医療システム開発プロジェクト」に取り組んでおり、2017年7月には大腸内視鏡の検査画像から早期大腸がんや大腸前がん病変の発見が可能であることをNECと共同で発表していた。その後、製品化に向けた研究開発や臨床試験を経て、今回の医療機器承認に至ったという。

2017年7月の発表概要

 「2016年のプロジェクト開始時に掲げた、5年以内に実用化するという目標が達成できたことは感無量」と国立がん研究センター研究所 がん分子修飾制御学分野長の浜本隆二氏は語る。