肝臓がんバイオマーカー「オクテノール」の検出に成功

 今回は、蚊の触角に存在する嗅覚受容体を利用して、人の呼気中に含まれる代謝物を検知できる匂いセンサーを開発した。さらに、このセンサーで人の呼気を計測したところ、呼気中に含まれる微量の肝臓がんバイオマーカー「オクテノール」を検出することに成功したという。

作成した匂いセンサー(出所:竹内昌治氏、以下同)

 この成果から、蚊を始めとしたさまざまな生物の嗅覚受容体を人工細胞膜に再構成させたセンサーによって、複雑な組成を持つ多様な匂いの識別ができる可能性が示唆された。将来的には、「呼気や体臭によって、がんや糖尿病などの疾病を呼吸診断できるかもしれない」と竹内氏は展望する。