経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2022」(JHeC2022)の最終審査会が、2022年1月14日に東京都内で開催された。昨年に引き続き、登壇者や審査員、一部のサポート団体などを除き無観客で実施。登壇者の数名も、リモートでの参加となった(関連記事:[速報] 「満票」で決定、経産省ヘルスケアビジコン7代目グランプリ)。

 前々回からグランプリが選出されるようになったアイデアコンテスト部門では、2021年10月に実施された一次プレゼン審査を通過した5組がプレゼンテーションを披露。審査の結果、日本の臨床工学技術で開発途上国医療を支援する医療機器管理・教育システムの実現を目指す稲垣大輔氏(神奈川県立保健福祉大学)がグランプリを獲得した。

アイデアコンテスト部門のグランプリは、日本の臨床工学技術で開発途上国医療を支援する医療機器管理・教育システムの実現を目指す神奈川県立保健福祉大学の稲垣大輔氏(写真:寺田 拓真、以下同)
アイデアコンテスト部門のグランプリは、日本の臨床工学技術で開発途上国医療を支援する医療機器管理・教育システムの実現を目指す神奈川県立保健福祉大学の稲垣大輔氏(写真:寺田 拓真、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 稲垣氏は、昨今はコロナ禍の影響で「現地へ直接支援に行けない」といった苦労がある一方で、「現地へ行かなくてもできる支援は必ずあり、それこそが最新のテクノロジーを活用したIoTだ」とコメント。だからこそ「今後も歩みを止めることなく、社会課題の解決に取り組んでいく」と力説し、さらなる支援を訴えた。

 アイデアコンテスト部門の最終審査会には、グランプリを受賞した稲垣氏のほか、髙垣内文也氏、鈴村萌芽氏(椙山女学園大学)、首藤剛氏(熊本大学)、大西徳幸氏がファイナリストとして登壇した。以降では、これら5組のプレゼンテーションを登壇順に伝えていく。