光や超音波、熱中性子線など安全な物理エネルギーと薬物の融合により、癌を切らずに根治させる「ケミカルサージェリー」が、手術・抗がん剤・放射線・免疫療法に次ぐ「第5のがん治療法」として注目されている。東京工業大学は1月22日に記者会見を開き、液体のりの主成分であるポリビニルアルコール(PVA)という高分子を、ホウ素中性子捕捉療法用のホウ素化合物に加えるだけで、その治療効果が劇的に高まることを発見し、マウスの皮下腫瘍をほぼ消失させることに成功したと発表した。

 ホウ素中性子捕捉療法(boron neutron capture therapy:BNCT)は、ホウ素化合物をがん病巣に送達して、熱中性子線を照射することでがんをホウ素との核反応で破壊する治療法(図1)。中性子はX線よりもエネルギーが高く体の深部にまで到達することから、深部のがんに使える。加えて発生するα粒子やリチウム反跳核の飛距離は10μmと概ね細胞1個分の距離であり、がん細胞周囲の正常細胞への影響がほとんどない。

図1●ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の原理 ホウ素と熱中性子が核反応を起こし、細胞傷害性の高いα粒子とリチウム反跳核を産生する。これらの粒子ががん細胞に致命的な傷害を与える。(出所:2020年1月20日付 東京工業大学他プレスリリース、図2とも)

 そのため、BNCTはX線や陽子線、重粒子線よりも標的選択性が高く、特に多発性再発性がんの治療に有用だとされている。楽天メディカルが臨床試験を進める光免疫療法や光線力学療法とともに、「ケミカルサージェリー」の1つとして注目を集めている(関連記事:「薬剤×医療機器」でがんをピンポイント攻撃)