経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020」(JHeC2020)の最終審査会が、2020年1月23日に東京都内で開催された。ビジネスコンテスト部門の5社がファイナリストとして登壇(関連記事)。グランプリの座を競ってピッチを繰り広げた。

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020の授賞式の様子(写真:剣持 悠大、以下同)

 審査の結果、ビジネスコンテスト部門のグランプリはCI Inc.(シーアイインク)が獲得した。同社は、「医療×保育×テクノロジー」を軸に事業を展開。病児保育ネット予約サービス「あずかるこちゃん」の開発を進めている。

 同社 代表取締役の園田正樹氏は受賞式のスピーチで次のように述べた。「当社は産官学の連携を意識してイノベーションに挑戦している。グランプリを励みに、強いチームで良いプロダクトを作って、世の中にインパクトを与えるスタートアップとして成長していきたい」。

グランプリを獲得したCI Inc. 代表取締役の園田正樹氏

 ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテストは2016年に始まり、今回が5回目の開催となる。歴代のグランプリ獲得企業は、MRT、トリプル・ダブリュー・ジャパン、mediVR、カケハシの4社。CI Inc.は5代目のグランプリとなる。

アイデアコンテスト部門はカイテクがグランプリ獲得

 前回から始まったアイデアコンテスト部門には、二次審査を通過した4組が登壇した。今回から同部門にもグランプリが設けられた。審査の結果、介護業界の人材不足の解決に向けた介護ワーキングシェアサービス「カイスケ」を開発する武藤高史氏(カイテク 代表取締役)がグランプリを獲得した。

カイテク 代表取締役の武藤高史氏

 第5回目を迎えた今回のコンテストでは、5周年記念特別賞が設定された。アイデアコンテスト部門とビジネスコンテスト部門の9人の中から、来場者が最も印象に残ったプレゼンターを投票。結果、ビジネスコンテスト部門のグランプリを獲得したCI Inc.の園田氏が受賞した。