フィリップス・ジャパンが2021年1月20日に発表した同年の事業戦略は、医療・ヘルスケアにおけるデジタル化の加速がキーワードになった(関連記事)。一方、選択と集中によって往時に比べ個人向けの製品はだいぶ少なくなったものの、消費者との接点がなくなったわけではない。事業戦略とあわせて実施された2021年の新製品発表会では、現在注力する領域から合計8製品を発表した。

スリープテック分野からは2製品を発表

 2019年に参入したスリープテックでは、「SmartSleepシリーズ」のデバイスを展開している(関連記事)。第1弾となった「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」に続き、今回は機構の改良や小型化を図った第2弾製品「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド 2」を発表した。

 ディープスリープ ヘッドバンドは頭部に巻く形で睡眠中に利用するウエアラブル型ヘッドバンド。搭載したセンサーが脳波を計測して、睡眠が深くなったタイミングで継続的なオーディオトーンを流すことで睡眠の質を高める仕組みだ。日々のデータは専用アプリの「SleepMapper(スリープマッパー)」によって可視化され、自らの睡眠状態を知ることができる。

 初代モデルは右耳後方に交換式センサーを付けていたが、ヘッドバンド 2では額部に3つのセンサーを埋め込み小型化に成功。また、骨伝導スピーカーの採用により耳を覆う機構を一新することで小型・軽量化を実現した。同社 スリープ&レスピラトリーケア事業部 事業部長の安部美沙子氏は、「耳をふさがないために睡眠中の違和感がなくなる。スッキリしたデザインとともに消耗品であるセンサーの交換もなくしたのがポイント」と説明した。さらに入眠を補助する4種類のスリープサウンド機能、ヒーリング音によるアラーム機能を新たに加えた。

フィリップス・ジャパン スリープ&レスピラトリーケア事業部 事業部長 安部美沙子氏(写真:小口 正貴)

 スリープテックの新製品「SmartSleepスノアサイレンサー」も発表した。“いびき対策をスマートに。”をコンセプトとする製品だ。安部氏によれば、いびきは睡眠時無呼吸の軽い状態とのことで健康面からも改善が必要だという。とりわけ仰向けの状態では重力によって舌が気道に落ち込み、いびきが出やすくなる。スノアサイレンサーは胴体に巻くデバイスで、センサーが睡眠時の姿勢を計測。仰向けと判断した場合には本体がわずかに振動し、自然な寝返りを促す。

SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド 2とSmartSleepスノアサイレンサー(出所:フィリップス)

 入眠を阻害しないように開始から30分間は仰向けでも振動せず、自己学習アルゴリズムで振動の強さを最適化するなど独自のテクノロジーを詰め込んだ。1度の充電で最大8回使用できる。発売前の事前調査では、約86%がいびきが減ったと回答した。