オリンパスは、超拡大内視鏡で撮影された大腸内視鏡画像をAIで解析し、リアルタイムに医師の診断支援を行う内視鏡画像診断支援ソフトウエア2製品を2021年2月5日に発売する。一つが、腫瘍や浸潤がんを高精度に判別する「EndoBRAIN-Plus(エンドブレインプラス)」、もう一つが、潰瘍性大腸炎の炎症状態を高精度に評価する「EndoBRAIN-UC(エンドブレインユーシー)」である。

2021年1月27日に開催されたオンライン記者会見でEndoBRAIN-Plusのデモンストレーションを行っている様子(提供:オリンパス、以下同)

 EndoBRAIN-Plusは大腸がんの治療方法の選択、EndoBRAIN-UCは潰瘍性大腸炎の治療方法の選択において、それぞれ医師の診断を支援するソフトウエアだ。どちらのソフトウエアも、オリンパスの超拡大内視鏡「Endocyto」および内視鏡システム「EVIS LUCERA」と組み合わせて使用する。

 オリンパスは既に、大腸内視鏡診断に活用できるAIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウエアとして、病変の発見を支援する「EndoBRAIN-EYE(エンドブレインアイ)」と、腫瘍の鑑別を支援する「EndoBRAIN(エンドブレイン)」を販売している(関連記事:大腸内視鏡画像から病変検出、オリンパスが支援ソフトウエア発売)。今回新たに発売するEndoBRAIN-PlusとEndoBRAIN-UCを組み合わせることで、大腸内視鏡診断においてAIによる包括的な支援をし、医師の負担軽減につなげたい考えだ。

EndoBRAINシリーズの製品一覧と特徴
EndoBRAINシリーズの各ソフトウエアの位置付け

 なお、EndoBRAIN-PlusとEndoBRAIN-UCは、どちらも昭和大学横浜市北部病院と東海国立大学機構名古屋大学、サイバネットシステムにより共同開発された。サイバネットシステムが2020年にそれぞれ医薬品医療機器等法の製造販売承認を取得し、オリンパスが国内における独占販売権を取得した。今後3年間で150台の販売を目指す。