経済産業省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2021」(JHeC2021)の最終審査会が2021年1月28日、東京都内で開催された。コロナ禍の中、登壇者や審査員などを除き無観客での開催となり、一部の登壇者はリモートでプレゼンテーションに参加した(関連記事:[速報] 経産省ヘルスケアビジコン、6代目グランプリが決定)。

 前々回から新設されたアイデアコンテスト部門では、前回からグランプリが選ばれるようになった。今回の最終審査会では、2020年10月に実施された一次プレゼン審査を通過した5組がプレゼンテーションを実施。グランプリは、失われた声を取り戻すデバイス「Syrinx」を開発するSyrinxの竹内雅樹氏が受賞した。

アイデアコンテスト部門のグランプリは、失われた声を取り戻すデバイス「Syrinx」を開発するSyrinxの竹内雅樹氏(写真:寺田 拓真、以下同)

 栄冠に輝いた竹内氏は、Syrinxの現状を「まだアイデア段階であり、ビジネスはこれから」と説明。そんな状況にあってグランプリを獲得できたことは「今後の発展に大きく寄与するものと捉え、さらなる応援をお願いしたい」と訴えて感謝の言葉とした。

 アイデアコンテスト部門の最終審査会に登壇したのは、グランプリの竹内氏のほかに西新井ハートセンターの重城健太郎氏、COVIDVENTILATOR PROJECTの石北直之氏、Tomocloudの小川良磨氏、国際医療福祉大学成田病院の瀧澤玲央氏。以降では、これら5組のプレゼンテーションの詳細を登壇順に伝えていく。