スマートフォンで食品のバーコードを撮影すると、原材料名表示を基に添加物の量や内容を識別し、食品の“健康度”をAIが判定してくれる。そんなアプリが登場した。オンラインゲームやヘルスケアアプリを手掛けるシグナルトークが2021年2月4日から提供開始した「FoodScore」だ。

「FoodScore」アプリを起動させて食品のバーコードを撮影している様子(写真:2021年2月4日に開催されたオンライン記者発表会の画面キャプチャー)

 健康度はA~Eの5段階で判定される。Aは「完全無添加」、Bは「添加物が少ない食品」、Cは「普通の食品」、Dは「添加物が多い食品」、Eは「避けた方が良い食品」という分類である。

 健康度の判定には、同社が過去のヘルスケア事業で収集した約7000人分の食生活と疾患のデータや、添加物の摂取と症状の関係を示すデータ、米国食品医薬品局(FDA)が発表している添加物が人体に与える影響のデータなどが活用されている。これらのデータをAIに学習させ、食品の原材料に含まれる添加物と症状の関連リスクを計算し、好影響を加点方式、悪影響を減点方式で評価したものを健康度として算出する。

 具体的な使い方はこうだ。スマートフォンで食品のバーコードや原材料名表示を撮影すると、100点満点のスコアとA~Eの5段階で健康度が評価される。スコアがB以下の場合は、AIが「悪影響がある原材料」と判定した添加物が表示される仕組みだ。

バーコードや原材料名表示を撮影(提供:シグナルトーク、以下同)
健康度判定画面のイメージ