COI東北拠点は2021年2月9日、「未来社会のライフスタイルと“食”の健康イノベーション~ヘルスケアの未来に向けた取り組みと今後~」と銘打つシンポジウムをオンラインで開催した。本記事では、同シンポジウムにおける基調報告の様子をレポートする。

 基調報告では、「COI東北拠点の推進するBUB体制と「食」を通じたイノベーションの実現」と題し、COI東北拠点 副拠点長 研究統括(RL)で東北大学 産学連携機構 特任教授の末永智一氏と、COI東北拠点 拠点長 プロジェクト統括(PL)でフォーネスライフ チーフテクノロジーオフィサー、NECソリューションイノベータ プロフェッショナルフェローの和賀巌氏が登壇。末永氏がCOI東北拠点の概要などを説明し、和賀氏がCOI東北拠点の取り組みなどについて語った。

柱は日常のさりげないセンシングによる「日常人間ドック」

 前半に登壇した末永氏は、まずCOI東北拠点について紹介した。COI東北拠点は「自分と大切なひとのために」をモットーとしており、「センサー技術やIoT、AIを活用し、自助と共助をベースとした健康社会を作る」ことも目標としている。

COI東北拠点 副拠点長 研究統括(RL) 東北大学 産学連携機構 特任教授の末永智一氏(写真:オンライン画面キャプチャー、以下同)
COI東北拠点 副拠点長 研究統括(RL) 東北大学 産学連携機構 特任教授の末永智一氏(写真:オンライン画面キャプチャー、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 そのための柱となるのが、日常のさりげないセンシングによる「日常人間ドック」である。さまざまなセンサーを使って健康状態をさりげなく計測し、そのデータを解析して「異常を見つけ出したり、その結果をわかりやすい形で自分や親しい人と共有したりできる」(末永氏)ような技術開発をこれまで進めてきた。さらに末永氏は、それらのデータを活用して「我々自身や社会が変わることが重要だ」と説いた。

 実際、COI東北拠点では「頻繁にバックキャストに取り組んでいる」(末永氏)。例えば、昨今のコロナ禍においては「アフターコロナの時代がどうなるか」に着目し、人や社会の変化、デジタルトランスフォーメーションのあり方などについて考えたそうだ。そして、アフターコロナの社会は「分散型健康生産社会」になるだろうと結論付けた。従来は病院を中心にした集約型で健康を見守るシステムだったが、これからは「在宅で医者や医療関係者の助言を受けながら、自分で自分の健康を見守るようなシステムになる」と末永氏は説明する。