COI東北拠点は2021年2月9日、「未来社会のライフスタイルと“食”の健康イノベーション~ヘルスケアの未来に向けた取り組みと今後~」と銘打つシンポジウムをオンラインで開催した。本記事では、同シンポジウムにおける基調講演の様子をレポートする。

 基調講演には、カゴメ 代表取締役社長の山口聡氏が登壇。「健康寿命を延ばす ~『野菜の会社』に向けたカゴメの活動~」と題して、野菜に関連するカゴメのさまざまな取り組みを紹介した。

カゴメ 代表取締役社長の山口聡氏(写真:オンライン画面キャプチャー、以下同)
カゴメ 代表取締役社長の山口聡氏(写真:オンライン画面キャプチャー、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 カゴメは、2025年までに「トマトの会社から野菜の会社に」という長期ビジョンを掲げている。山口氏は「野菜を美味しく上手に摂る方法や、野菜の機能性価値を世の中に広め、野菜の摂取量を増やすことで健康寿命の延伸に貢献する企業になる」と説明する。

 この長期ビジョンの実現に向けて、カゴメは「日本人の1日の野菜摂取量を350gに、緑黄色野菜の供給量シェアを20%にする」という定量指標(2025年)を定めている。そもそも、日本人における野菜摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)は「この10年ほとんど変わることなく290g前後で推移している」(山口氏)。そして、この状況を変えるためには「生活者の食に対する行動変容をサポートする必要がある」と山口氏は指摘する。

日本人の野菜摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)(出所:カゴメ、以下同)
日本人の野菜摂取量の平均値の年次推移(20歳以上)(出所:カゴメ、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]