簡単な尿検査のナトカリ比の測定が可能に

 もう1つ、アカデミア/イノベーションに関する取り組みとして、COI東北拠点と連携した「ナトカリ」がある。塩と野菜の摂取バランスを示す、ナトリウム・カリウムの比のことだ。

 このナトカリ比を「食に対する行動変容をサポートする新たな指標にしていきたい」と山口氏は語る。例えば、「ナトカリ比が高いと血圧などに悪影響がある」という研究が多数あることから、高血圧の予防のためにナトカリ比を下げるアプローチとしては「減塩(ナトリウムを減らす)だけでなく、野菜(カリウム)を多く摂ることも有効ではないか」(山口氏)と提案する。現在は、オムロン ヘルスケアによって簡単な尿検査でのナトカリ比の測定が可能になったことから、「今後、ナトカリ比が身近な指標になってほしい」と山口氏は願う。

 カゴメとしては、ナトカリ比とその指標に基づいて食行動を変える仕組みの普及を、COI東北拠点で進めている。その取り組みの1つとなるのが、縦軸をナトリウム量、横軸をカリウム量とした表にさまざまなメニューを配置した「ナトカリマップ」の作製である。ナトカリ比が高いメニューや低いメニューを視覚的にわかりやすくすることで、食に対する行動変容をサポートしている。また、ナトカリ比を改善する「食の提案」の実証も実施しており、これらのナトカリの取り組みは「厚生労働省の大規模実証事業にも採択された」(山口氏)。

ナトカリマップのイメージ
ナトカリマップのイメージ
[画像のクリックで別ページへ]

 最後に山口氏は、「カゴメは野菜のチカラで、皆様の健康な毎日に貢献する」とし、あと60gの野菜摂取量を増やす活動に「本気で取り組んでいく」考えだ。ただし、その実現は簡単ではなく、カゴメのみでできることも限られていることから、「この活動をより大きなムーブメントにしていくために、多くの企業や団体とさらに連携を深めていく」として講演を終えた。

(タイトル部のImage:monsitj -stock.adobe.com)