アンジェス(大阪府茨木市)は3月5日に記者会見を開催。新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防のためのDNAワクチンの開発に大阪大学と共同で着手したと発表した。並行して同ワクチンを使った抗血清製剤の開発も進める。製造はタカラバイオが担当し、半年程度での上市を視野に入れる。

DNAプラスミド製造の実績を生かす

 アンジェス代表取締役社長の山田英氏は、「大阪大学とアンジェスはDNAプラスミド製品の開発実績を持ち、その技術を活用して共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に着手した。DNAワクチンは、危険な病原体を一切使わないため安全であり、短期間に大量生産することができる。オールジャパン体制で、早期実用化を目指す」と強調した。

アンジェス社長の山田氏(写真:Beyond Health、以下同)

 アンジェスは、手足の血管が動脈硬化によって内部が狭くなり足壊疽などを来す病気である慢性動脈閉塞症に対して「コラテジェン」(一般名ベペルミノゲンペルプラスミド)と呼ばれる遺伝子治療薬を開発し、既に販売している(関連記事:国産初の遺伝子治療薬はどれだけすごい?)

 体内の組織の中に、注射により外からDNA(デオキシリボ核酸)を入れる治療になるが、その際に「プラスミド」という環状の非ウイルスDNAを使うことを特徴にしている。DNAは体の元になるタンパク質をコードする巨大分子。その単位となる塩基の並び方によってタンパク質を構成するアミノ酸の配列が決まる。必要な遺伝子をこのプラスミドにつないで細胞内に入れることで病原性につながるウイルスを使わなくていいことがメリットになっていた。今回のDNAワクチンはこのプラスミドの技術を応用する形になる。