東北6県に322店舗を展開するドラッグストア大手、薬王堂(本社:岩手県紫波郡矢巾町)は、3月15日より一部店舗で、スマートフォンを使って事前に注文した商品を店頭または店舗駐車場で受け取れるサービスの提供を開始した。ネットスーパーのプラットフォームづくりなどを進める10X(テンエックス、東京都中央区)が開発した専用アプリ「P!ck and(ピックアンド)」を用いる。両社は協業して、東北の高齢化・人口減少エリアにおける生活基盤確保に向けた「ドラッグストアDX(デジタルトランスフォーメーション、デジタル変革)推進プロジェクト」をスタートさせており、今回の取り組みはその第一弾となるものだ。

 薬王堂の商品がネット注文できるようになるのは今回が初めて。顧客はアプリで商品を注文し、「⾞上受取」か「レジ受取」を選ぶ。その後、店舗に来店すると、用意された商品をすぐに受け取れる。受け取りは最短2時間後から。1注⽂につき220円(税込)のサービス利⽤料がかかる。

 「車上受取」を選択した場合、店舗の専用駐車スペースに駐車した後、スタッフが車まで商品を届ける。なお、医薬品の販売は店頭での受け取りしか選択できない仕組みになっている。

薬王堂の公式アプリ「P!ck and」(資料提供:10X、以下同)
薬王堂の公式アプリ「P!ck and」(資料提供:10X、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 店舗スタッフ向けのアプリも用意されており(下図)、スマートフォン上で、顧客から注⽂が入った商品のピッキング・パッキング、顧客の来店管理・商品の受け渡し、在庫・商品情報の即時管理を行うことができる。

店舗スタッフ向けアプリ
店舗スタッフ向けアプリ
[画像のクリックで別ページへ]

 薬王堂によると、東北地方は人口減少や高齢化・過疎化が進む「課題先進地域」。新型コロナウイルス感染拡大の影響も深刻で、高齢者や基礎疾患を持つ人は日常の買い物も感染リスクが高い。そんな中、「店舗に滞在する時間が最小限で済むように今回のサービス導入に踏み切った」と、営業本部DX推進室の西郷泰広マネジャーは話す。

 まずは岩手県内の4店舗で始め、年内にも全店舗の展開を目指す。その後、利用状況を見ながらではあるが、免許を返納する高齢者が増えることなどを踏まえ、自宅への宅配サービスもスタートする計画だ。

(タイトル部のImage:出所は薬王堂)