介護系スタートアップのウェルモは2021年3月17日、ケアプラン作成支援AI「ミルモぷらん」の発売を開始した。これに合わせてオンライン記者説明会を開催し、開発背景や製品概要、実際の使い方などについて紹介した。

 ミルモぷらんは、ケアマネジャーのケアプラン(居宅サービス計画書)作成業務を支援するクラウドサービス。自然言語処理技術に基づくAIによって、ケアプランの心臓部にあたるケアプラン第2表の作成を支援する。

「ケアマネジャーをより魅力ある職種に変える」

 ウェルモが現在目指しているのは、デジタル技術を導入して地域包括ケアシステムを進化させる「地域包括ケアシステムDX」の実現だ。そして、その先に「地域共生社会の実現がある」(同社 COO/介護プラットフォーム事業部長 福島成典氏)と考える。各種サービスをコーディネートするハブ役のケアマネジャーが地域包括ケアシステムのカギを握ることから、地域包括ケアシステムの進化には「ケアマネジャーへのデジタル支援が重要」と福島氏は訴える。

ウェルモ COO/介護プラットフォーム事業部長 福島成典氏(写真:オンライン記者説明会の画面キャプチャー、以下同)

 高齢化が進む日本において、介護人材の不足は以前から問題視されており、ケアマネジャーもその例外ではない。ケアマネジャーの受験者数と合格者数は低下傾向にあり、今後増加していく要介護者のケアを「数少ないケアマネジャーで担っていく」(福島氏)ことが予想される。これに加えて、ケアマネジャーの現在の平均年齢は「50歳程度」と言われており、職員の高齢化も課題の1つである。そのため、未来の担い手である若い人々に向けて「現場の生産性を高めることで、ケアマネジャーをより魅力ある職種に変えていく」(福島氏)ことが求められている。

 このような背景に対して、ウェルモはミルモぷらんで「人とAIが協業する世界」を実現し、「ケアマネジャーが本来やるべき業務のための時間確保」と「生産性の向上」という課題を解決していく考えだ。福島氏は「AIが得意なことはAIに任せ、ケアマネジャーは人にしかできない得意分野に集中する」と説明する。イメージとして「ケアマネジャーが道具としてAIを使いこなし、より生産性高く働く姿」を示した。

ケアプラン作成支援AI「ミルモぷらん」で実現したいこと

 昨今では「AIによってケアマネジャーの仕事がなくなる」という声をよく耳にするが、福島氏はそれを否定。利用者と家族に寄り添い、言葉にできないニーズや課題をくみ取ることは「AIや機械にはできない」と断言する。ケアマネジャーにしかできないことにより多くの時間や労力を割いてもらうためにも、便利な道具として「ミルモぷらんを使いこなしてほしい」と語った。