高血圧と肥満が、人の寿命を最も短くしている要因である――。そんな研究成果を大阪大学大学院 医学系研究科 遺伝統計学 教授の岡田随象氏らのチームが明らかにした。2020年3月24日(日本時間)に、米国科学誌「Nature Medicine」オンライン版に掲載された。

 この研究は、日本と英国、フィンランドのバイオバンクが保有する合計70万人分のゲノム情報などを活用したもの。具体的には、肥満度や血圧、肝機能、腎機能などのバイオマーカーに関する「ポリジェニック・リスク・スコア(PRS)」と呼ぶ指標を計算。どのバイオマーカーに関するPRSが、人の寿命を伸ばしたり縮めたりする原因となっているかを調べた。PRSに関する研究としては「過去最大規模」と岡田氏は話す。

大阪大学大学院 医学系研究科 遺伝統計学 教授の岡田随象氏(写真:伊藤 瑳恵、以下同)

 これまでにも大規模なゲノム研究によって、ゲノム情報から病気の発症リスクをある程度予測できるようになってきていた。しかし、生まれたときに与えられたゲノム情報は変えることができないため、その結果を医療にどう生かしていくかが課題だった。

 そこで研究チームは、前述のように肥満度や血圧、肝機能、腎機能など環境因子や生活習慣の影響を大きく受けるバイオマーカーを研究の対象とした。今回は、数万~数百万の遺伝子変異の組み合わせをスコア化したPRSを用いて遺伝的リスクを予測した。