国立国際医療研究センター(東京都新宿区、略称:NCGM)は3月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する抗ウイルス薬レムデシビル(Remdesivir)の治療効果を調べる医師主導治験に着手すると発表した。米国立衛生研究所(NIH)が主導する国際多施設共同治験にNCGMも参加する。COVID-19患者が世界的に増える中で、抗ウイルス薬による治療を模索する動きが活発化している。

50代以上から高まる致死率

国立国際医療研究センター理事長の國土氏(写真:Beyond Health、以下同)

 発表では、まずNCGM理事長の國土典宏氏が、NCGMが今年1月以降COVID-19への対応に当たっている状況を紹介した。その中で、2019年8月までアフリカのコンゴでのエボラ出血熱流行時に使われたレムデシビルがCOVID-19に有効である可能性が示され、治験に着手することになったと説明した。

 続いてNCGM国際感染症センター長の大曲貴夫氏が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染し肺炎を起こした患者の胸部X線画像を示し、その特徴について触れた。

 提示したのは60代男性の胸部X線画像で、当初はかぜ症状だったが、1週間で容体が悪化。悪化から1日ほどで画像は真っ白になり炎症が急速に広がった。人工呼吸器に加え、人工心肺も使用。この男性は一命を取り留めたものの、救命が困難であるケースもあると指摘。急がれるのは、標準的な治療の確立だと強調した。中国でのデータによると、年齢別では50代以上で特に致死率が高まっていると解説した(図1)。40代以下は、致命率が0.4%以下だが、50代は致死率が1.3%と上昇。60代で3.6%、70代で8%、80代で14.8%と上昇する。大曲氏は「これまでに喫煙率や血圧が高いことと亡くなるリスクが関係すると分かってきた」と話す。

図1●年齢別に見た新型コロナウイルス感染症の致死率 (NCGMメディア勉強会配布資料より、原典:JAMA. Published online February 24, 2020.)