新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のパンデミック宣言から2週間。感染震源地の中国・武漢では終息に向かっているとされるものの、感染者が6万人を超えたイタリアでは医療崩壊が現実のものとなり、他の欧州各国や米国も「第2のイタリア」になることを恐れて厳戒態勢に入った。日本は「クラスター発生を細かく追跡する」という独自の手法で、急速な感染拡大を何とか食い止めている状態だ。

 猶予のない現状において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンや治療薬の開発件数が加速度的に増えている。

 ワクチンについては、米Moderna社が手がけるmRNAワクチン(mRNA-1237)の第1相臨床試験が米ワシントン州シアトルで始まった(関連記事)。mRNAワクチンは、病原体の遺伝情報の一部をmRNA(メッセンジャーRNA)に置き換えてワクチンに仕立てたものだ。mRNA-1237を接種すると生体内でSARS-CoV-2のタンパク質の一部(スパイクタンパク)が作られ、SARS-CoV-2の抗体産生などが誘導されるという。第1相臨床試験では健常人45人を対象に、安全性と3種類の投与量による免疫反応が検証される。投与試験は約6週間だが、最初の試験結果は約3カ月後に出され、製品化までには少なくとも1年半はかかるとみられている。

 アンジェスと大阪大学が開発を表明したプラスミドDNAワクチンも、ほぼ同様の作用機序によるものと思われる(関連記事)。また、田辺三菱製薬はカナダにある子会社とともに、人工的に作らせたウイルス様粒子(VLP)を利用したワクチン開発を目指すとしている(表1)。

表1●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン開発の現状
名称 内容 開発企業等 実施国 被験
者数
完了
予定
開発
段階
情報源
ワクチン mRNA-1273 接種後、体内でSARS-CoV-2のスパイクタンパク質を発現するように設計したmRNAワクチン Moderna(米) 米国 45 2021年6月 第1相 1)
2)
新型コロナウイルス向けプラスミド DNA ワクチン SARS-CoV-2のタンパク質をコードするプラスミドを利用したワクチン。ワクチン原薬は完成しているとのこと アンジェス、大阪大学 未定 未定 未定 非臨床試験 3)
植物由来ウイルス様粒子(VLP) SARS-CoV-2に対応した植物由来ウイルス様粒子(VLP)の作製に成功した 田辺三菱製薬、メディカゴ(カナダ) 未定 未定 未定 非臨床試験 4)
備考:データは、2020年3月24日現在のもの。米NIH Clinical Tsials.govのサイト、開発元や臨床試験実施機関のリリースを基に作成した。