富士フイルムと国立がん研究センターは、プログラミングの知識がなくても医療用人工知能(AI)ソフトウエアを構築できるプラットフォームを共同開発した。必ずしもプログラミングに通じていない医師や医療関連の研究者を支援し、AI技術の活用を促す。

 医療分野においては、画像や臨床情報の評価にAIを利用するソフトウエアの開発が国際的に活発化している。放射線科、循環器、皮膚科などの専門領域で既にAIを用いた医療機器も実用化の事例が出てきている。開発の主体も、研究機関や医療機関、企業など裾野は広がっている。

 こうした中で障壁になるのは、AI開発を担う研究者に高度な工学的知識の習得が求められることだ。学習データの作成から管理、学習モデルの設計、学習の実行と評価まで、一連の開発工程にはプログラミングの技術がどうしても欠かせない。とはいえ医師や医療関連の研究者の関与は重要だ。そこで開発したのが、工学的知識の障壁にとらわれず、膨大に存在する画像や臨床情報を使ったAI開発を後押しする今回のプラットフォームだ。

「画像の解析、自動判別が大きな発展性を期待されている。企業との連携が必須」と、国立がん研究センター研究所長の間野博行氏(出所:国立がん研究センター、以下同)
「画像の解析、自動判別が大きな発展性を期待されている。企業との連携が必須」と、国立がん研究センター研究所長の間野博行氏(出所:国立がん研究センター、以下同)
[画像のクリックで別ページへ]

 2021年4月13日に開催された記者会見で、国立がん研究センター研究所長の間野博行氏は、「国立がん研究センターは、センターを挙げてメディカルAIの開発を進めている。画像の解析、自動判別が大きな発展性を期待されている。企業との連携が必須になっており、このたび医療画像で最大手の富士フイルムとプラットフォームを構築した。AI開発に取り組んでいく」と説明した。