GEヘルスケア・ジャパンは2022年4月末、2022年の成長戦略発表会を都内で開催。同社 代表取締役社長兼CEO 多田荘一郎氏、執行役員 アカデミック本部長 兼 エジソン・ソリューション本部長 松葉香子氏が登壇し、同社のビジョンについて説明した。

 多田氏が示したのは、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)で実現する新たなヒト中心の医療」。新型コロナウイルス感染症が拡大した現場では、適切な医療提供体制の維持が大きな課題となった。中でも医療従事者の不足や柔軟性のある対応が困難だったことから、「2022年の成長戦略では、改めてヒト(人)に焦点を当てた」と切り出した。

 厚生労働省では、2040年には日本の全就労人口の約2割が医療・介護職に就かないと医療提供体制が回らないと試算。さらに病床数の多さに比べて圧倒的に医師・看護師が不足し、結果的に勤務医の労働時間は諸外国よりも多い。そこに大規模な災害やパンデミックといった有事が連続したことで「メンタル面でも追い込まれ、医療従事者のバーンアウトも多いのが現状だ」と多田氏は指摘する。

GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEO 多田荘一郎氏(写真:小口 正貴)
GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEO 多田荘一郎氏(写真:小口 正貴)
[画像のクリックで別ページへ]

 マクロの課題では、1人の高齢者を1.5人の現役世代が支える「2040年問題」や医療ニーズの多様化などがある。多田氏はこうした状況を打開するためにこそ医療DXが必要だとし、次のように続けた。

 「DXにおいて重要なのは電子化ではなく、デジタルやデータを活用しながら医療提供のあり方そのものを変革していくことだ。デジタルよりむしろ、トランスフォーメーションの比重が高い。その中心には必ず人がいる。GEヘルスケア・ジャパンは未来に向け、一人ひとりにあった質の高い医療を効率的に提供するプレシジョン・ヘルスに向けて変革を続けていく」(多田氏)