新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大する中、NECは4月23日にオンライン記者説明会を開き、AI(人工知能)解析を用いたCOVID-19のワクチン開発を進めていることを明らかにした。これまでの研究成果は同日、海外学術誌に論文(抄録)として掲載され、今後、製薬企業との提携によるワクチン製造を目指すとしている。

 今回のAIによるCOVID-19ワクチン開発は、NECがかねて進めていた「がんワクチン」開発の技術やノウハウを応用したものだ。COVID-19の診断、治療、予防手段が一刻も早く求められる中、医薬品開発の動きが垣根を越えて情報通信分野にも広がる。説明会では、同社AI創薬事業部事業部長の北村哲氏と、シニアマネージャーの山形尚子氏がワクチン開発の経緯や展望について語った。

注目の「Sタンパク質」だけでは不十分

 NECが新型コロナワクチンの開発で着目したのは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の持つタンパク質のうち、どれをワクチンとして応用するかという点。ワクチンが効果を発揮するためには、接種された人にワクチンが抗原として認識され、この抗原を攻撃する免疫の反応を引き出す必要がある。

 現在、世界中の製薬企業が新型コロナワクチンの開発に着手し、既に治験を進めている企業もある。コロナウイルスは、球形の構造物から「スパイクタンパク質(Sタンパク質)」と呼ばれる、スパイクの名の通り「とげ状」の構造物が複数飛び出した形をしている。ワクチン開発において、このSタンパク質を抗原として利用しているものが多い。その実現が待望されているが、有効性や有害性については懸念材料もある。そこがワクチン開発の盲点になっている可能性もある。

NEC AI創薬事業部事業部長の北村氏(写真:NEC)

 NECの研究グループがこのたび発表した論文では、2004年に流行したSARSコロナウイルス(SARS-CoV)のワクチン開発の中で大きな課題が判明していることを指摘する。というのも、Sタンパク質をワクチンに使った場合に、ウイルスを攻撃する機能が弱かったり、免疫を引き出す効果が短期間にとどまるというのである。しかも、肺への副作用が起きていたり、感染症をかえって増強させる「抗体依存性免疫増強」を引き起こしたりする可能性があることも判明している。

 多くのワクチン開発において、Sタンパク質をターゲットにした動きが活発化している一方で、それだけを見ていては、ワクチン開発は失敗に終わる恐れもあるわけだ。そこでNECでは、ワクチンとして応用可能な抗原候補をウイルスの持つタンパク質全体に広げる全く新しいアプローチを取ることにした。原動力になるのがAI技術だ。