医療のデジタル化、マインドセット変革が必要と済生会熊本病院長

 成長戦略発表会には、ゲストとして済生会熊本病院院長の中尾浩一氏がリモートで参加した。同氏は、同院におけるデジタル化の取り組みについて説明した。

済生会熊本病院院長の中尾浩一氏。同院のデジタル化の取り組みを紹介した(出所:GEヘルスケア・ジャパン)

 中尾氏は「医療とデジタル化はそもそも相性が悪い」とした上で、デジタル化を進めるためにはマインドセットの変革が必要だと語った。「従来の医療は全体を複雑なものとして捉えており、直感的、情緒的でアナログな考え方が基本。それに対してデジタルは部分部分を要素として捉え、実証的、論理的な考え方をする。考え方が大きく異なることが医療のデジタル化が遅れる原因となっているのではないか」(同氏)。

 その際に鍵となる考え方が、「モジュール化」だと中尾氏は言う。診療のプロセスをシーンごとにまとめ、それぞれを評価できるようにする。これは、入院から退院までのプロセスを記した診療計画である「クリニカルパス」を作成する際に重要な要素になる。患者にとっては入院中の生活の流れが分かり、病院にとっては医師間でばらつきのあった医療の標準化ができる。

 モジュール化のもう一つの狙いは、データを構造化しやすくなること。構造化することで患者の状態の可視化、分析ができるようになる。ある疾病で在院日数が多くなる人にはどんな特徴があり、その原因は何なのか、それを防ぐにはどんな処置が必要なのかといったフィードバックが得やすくなり、医療の改善につなげることができる。中尾氏は「こうしたフィードバックを得るための取り組みがデジタル化を進めるための考え方の基盤になるのではないか」とした。

(タイトル部のImage:宮川 泰明)