「世界的に遺伝情報を個別化医療や予防医療に役立てる機運が高まる中、日本で遺伝情報にシェアリングエコノミーの概念を導入する先駆的な事例としてとらえてほしい」――。

ジェネシスヘルスケア 執行役員 COOの中西佑介氏(写真:小口 正貴)

 国内最大の遺伝情報データベースを保有するジェネシスヘルスケアが、個人遺伝情報を共有するマーケットプレイス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」を2019年4月25日にスタートさせた。同日に東京・恵比寿で開催した記者会見で、同社 執行役員 COOの中西佑介氏はこう述べた。

 ジェネシスガイアに蓄積された遺伝情報の提供先はさまざまで、初期段階ではアカデミアはもとより、製薬企業、CRO(医薬品開発業務受託機関)、食品関連企業などを想定している。オムロン ヘルスケアとは既にプロジェクトが進行しており、将来の重篤な疾病発症リスクの予測、発症を予防する健康管理方法、パーソナライズされた診断・治療サービスの開拓に活用する方針だという。

 アカデミアや企業にとっては、「必要な遺伝情報の絞り込みが効率的にできるため、研究の効率化や製品開発期間の短縮が期待できる」(中西氏)。具体的な情報の内容は、遺伝子多型、アンケート調査などで回答を得た個人の性別、年齢、居住する都道府県、喫煙や飲酒などの生活習慣、過去に患った病気など。これらの条件から該当者を匿名で検索できる仕組みとした。

アカデミア、企業向けの利用画面イメージ
(出所:ジェネシスヘルスケア)