充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」が2022年8月をめどに発売される。開発を手がけたのは、リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」を展開するメディロム。クラウドファンディングサイト「Makuake」で5610万8800円の応援購入支援を集めた注目製品で、2022年5月8日から先行予約を開始する (関連記事: 充電不要ウエアラブルは、“サロン経営”の知見から生まれた)。

 5月2日には東京・お台場で完成披露発表会を開催した。MOTHER Bracelet開発責任者の植草義雄氏は「コロナ禍によってヘルスケアのウエアラブルマーケットは急成長しているが、その一方で課題が浮き彫りになった」と指摘。その課題とはウエアラブルデバイスの充電忘れだと言う。

メディロム MOTHER Bracelet開発責任者 植草義雄氏(写真:小口 正貴)
メディロム MOTHER Bracelet開発責任者 植草義雄氏(写真:小口 正貴)
[画像のクリックで別ページへ]

 「スマホ、PC、ワイヤレスイヤホンなど多数の充電をケアしなくてはいけない中で、活動量計はどうしても忘れがち。いざ使おうと思ったときに充電されておらず、継続利用をやめてしまう人が少なくとも30%はいるとのデータがある」と植草氏。さらに充電中はデータをロストするダウンタイムが発生してしまうことから、より正確な計測に結びつかないデメリットもある。

 「24時間365日、体の状態をモニタリングするためには充電不要が理想になる。我々は2018年からこの課題を解決するために開発を重ね、約4年をかけてMOTHER Braceletの完成に至った」(植草氏)