京都大学高等研究院 特別教授(神戸医療産業都市推進機構 理事長)の本庶佑氏は、「21世紀先端医療シンポジウム~医療革命の方向性を知る」(主催:日経BP 21世紀 先端医療コンソーシアム)の基調講演に登壇。「ライフサイエンスの知識において、人類が知っているのは全体の1000分の1、あるいは1万分の1に過ぎない」とした上で、それが「多くの人の誤解を生む」と指摘した。

 もっとも、医療は「ライフサイエンスの進歩に基づいて新しい展開が起こる」(本庶氏)。1970年代~2000年代にかけて起きた進展の具体例として、DNA構造や遺伝子コードの解明、塩基配列によるヒトゲノムの解読、ゲノム編集などを挙げた。しかし、こうした展開は事前にデザインでるものではないと同氏は言う。

 例えば、ロケットの打ち上げプロジェクトは、その計画のほぼ全体を事前にデザインすることが可能だ。実現に当たりどのような問題があるか、技術開発はどこまで可能か、工学的・材料的にさまざまな検討を重ねて問題を解決すれば、ロケットを月まで飛ばすことができる。

 一方で、医療の場合はそうはいかないと本庶氏は語る。実際、「がんを治す」という命題に対して、多くの人ががんの免疫療法などの実現を計画的に試みたものの、ことごとく失敗してきた。抗がん剤「オプジーボ」を生み出せたのは、同氏が偶然的に「PD-1(Programmed death-1)」を発見できたからに他ならない。

 このような経緯は、人類史における最大の課題であった「感染症」の克服でも同様だ。その突破口を開いた「ペニシリン」も、極めて偶然的に発見されたことは、多くの人が知るところであろう。

 これらを踏まえて本庶氏は「ライフサイエンスは未熟な学問」とした上で、「命題に対して事前にデザインするよりも、さまざまなチャレンジを繰り返すことで初めて、新たな展望が見えてくる」と説いた。