新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による閉塞した状況を打破するため、ポジティブなアイデアを発信できないものか──。そんな思いからスタートした「Healthcare Innovation Hub(通称:InnoHub)」とAI Samuraiによるオンラインアイデアソンの第2弾が、2020年5月14日に開催された(第1弾の記事はこちら)。

 InnoHubとは、2019年7月に経済産業省が設置した相談窓口。数多くのサポーター団体/アドバイザーが参加しており、InnoHubがベンチャーや研究機関との橋渡しをしながらヘルスケアビジネス全体を盛り上げていくことを狙いとする。AI SamuraiはAI特許審査シミュレーションシステムを展開するITベンチャーで、アドバイザーとしてInnoHubに携わっている。

 本アイデアソンは、企業・団体、大学、学生、個人などが対象だ。参加者属性の制約を取り払い、まずは広くアイデアの種を吸い上げるのが特徴である。オンラインならではのスピード感も相まって、かなりの応募数があったという。そのため、2020年4月23日に行われた第1弾に続いての追加開催となった。

上下の空間を使いソーシャルディスタンスを狭める

 今回は、とりわけ個人の豊かな発想が目立った。例えば、フルフェイス型フェイスガード兼マスク。新型コロナでは飛沫感染が大きなリスクとなるが、頭上はウイルスの浮遊が少ないと考え、上部へと筒型に伸びる空気の取り込み口を付けた。素材はポリ塩化ビニール(PVC)とし、コストを抑える。

頭から被るフェイスガード兼マスク(写真:オンライン画面のキャプチャーを編集部が一部加工、以下同)

 「頭からビーチボールを被っているイメージ。より高い場所から空気を吸って、顎の下から地面に向けて吐き出す。上から下に一定の気流の状態を保つことで、ウイルス感染リスクを下げられるのではないか」(発表者)。さらにビジネスアイデアとして、航空機内での利用を提案。このマスクを使うことでソーシャルディスタンスを狭め、より多くの座席数を確保できるようになればと話した。

 重症化リスクを事前に予測するAI診断支援アプリの提案もあった。新型コロナは自覚症状がないまま自宅で重症化し、手遅れになってしまうケースが多発している。「こうした状況を防ぐために、海外、国内の臨床データを機械学習して重症化リスクを把握するシステムを思いついた。もともと基礎疾患を抱える患者の傾向も調べたい。結果はスマホアプリで確認する」(発表者)。

重症化リスクを事前に予測するAI診断支援アプリ

 新型コロナは目の充血に関連するとの報告もあるため、「スマホで自分の目を撮影して機械学習データと比較する機能も付加したい」とも。くしくも先日、医療ベンチャーのアルムが提供する救命・救急補助アプリ「MySOS」に、米国・中国を中心とした臨床データに基づく予測モデルによる重症化リスク予測機能が付加された。ヘルステックの文脈で同様のアプローチが浸透すれば、悲劇を減らせる可能性もありそうだ。