日本整形外科学会は、歩行など移動機能の健康度を示す”ロコモ年齢”をスマホで手軽に測定できるツールを開発した。2022年5月11日に開催したオンライン記者発表会で詳細を説明した。ロコモ(ロコモティブシンドローム:運動器症候群)は、足腰など運動器の障害によって移動機能が低下した状態のことで、同学会が2007年に提唱し始めた概念だ。要介護にならずに健康寿命を保つには、ロコモに早く気づいて足腰の老化を防ぐことが重要だが、これまでロコモになっているかどうかを自分で測るのは難しく、簡便に知る方法の開発が課題だった。

 この課題を解決するために今回開発されたのが、「ロコモ年齢」だ。日本整形外科学会が2010年に立ち上げた「ロコモチャレンジ!推進協議会」と博報堂DYグループの手による「誰でもどこでもいつでもロコモかどうかを調べることができる」移動機能の健康度測定ツールは、20歳以上の成人なら、誰でも無料で利用できる。

 ロコモチャレンジ!推進協議会委員長でNTT東日本関東病院長の大江隆史氏は、「スマホで手軽にロコモ年齢を測れるようにすることで、皆さんにご自身の足腰の健康状態を認知してもらい、適切な運動や栄養コントロールの意識を高め、足腰の健康を維持・改善するための行動変容を促したいと考えています。高齢課題先進国の日本で生まれたロコモを予防、改善していただくことで、人生の最期まで生き生きと暮らせる方を増やしたい」と話した。

ロコモチャレンジ!推進協議会委員長の大江隆史氏(写真:オンライン会見のキャプチャー)
ロコモチャレンジ!推進協議会委員長の大江隆史氏(写真:オンライン会見のキャプチャー)
[画像のクリックで別ページへ]

 「ロコモ年齢」を利用するためには、専用サイト(https://locomo-joa.jp/locomo-age/)にあるQRコードをスマホで読み取りユーザー登録を行う必要がある。その後、(1)「ロコモ25」、(2)「立ち上がりテスト」、(3)「2ステップテスト」に回答していく。(1)の「ロコモ25」では、最近1カ月の体の痛みや日常生活で困難なことがあったかなど25項目の質問に答える。(2)の「立ち上がりテスト」は、高さ10~40センチの台に座った状態から、両脚、または片脚で立ち上がれるかどうかを確認する。(3)の「2ステップテスト」では、できるだけ大股で2歩進み、両足を揃えてふらつかずに立てたときの歩幅を測定し、下肢の筋力やバランス能力、柔軟性を含めた歩行能力を総合的に評価する。

 これら3つのテストによってロコモ年齢が判定され、結果に応じたアドバイスを受けられる。パソコンなどスマホ以外のデバイスからはアクセスできない。

 日本整形外科学会は、このツールの開発に当たって、1人で歩行できる全国の20~89歳の男女1万人を対象として、医療機関で「ロコモ度」を診断し、年齢と生活習慣の関係を調査した。判定されるロコモ年齢は、同調査で十分なデータが得られた8681人の結果を基に割り出されたもので、例えば暦年齢が50歳でも、「20歳以下」と出ることもあれば、「89歳」と判定されることもあるという。

「ロコモ年齢」判定ツールの画面イメージ(出所:プレスリリース)
「ロコモ年齢」判定ツールの画面イメージ(出所:プレスリリース)
[画像のクリックで別ページへ]