認知症の大半を占めるアルツハイマー病の治療薬開発においては、薬を脳に届けようとしても、それを拒絶する「壁」の存在がボトルネックになってきた。血液と脳内との間には、「血液脳関門(ブラッド・ブレイン・バリア:BBB)」と呼ばれる、薬を脳内に入り込ませない仕組みがあるからだ。

 川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)と東京大学、東京医科歯科大学の研究グループは5月20日にオンライン記者会見を開き、「BBB突破型スマートナノマシン」により抗体医薬を脳内に送達し、アルツハイマー病の原因とされるアミロイドβタンパク質の凝集を抑制できたと発表した(図1)。この成果は、5月22日に米国化学会が発行する学術誌『ACS Nano』に掲載された1)

図1●脳内に抗体医薬を送達し放出・機能させる抗体内包ナノマシン(BBB突破型スマートナノマシン)(出所:東京大学・iCONMの安楽氏発表スライド、図2も)

 ナノテクノロジー第一人者で、iCONMセンター長の片岡一則氏は、「センターでは6つのプロジェクトを進めており、その一つが今回の脳神経系疾患の革新的治療技術の開発」と紹介した。

 今回の治療ターゲットになるのが認知症だ。そもそも認知症は認知機能が低下する病気。その多くがアルツハイマー病だと分かっており、原因と考えられているのが、脳内への「アミロイドβ」と呼ばれるタンパク質の凝集・蓄積だ。このアミロイドβが凝集して蓄積していくのをいかに防ぐかが、アルツハイマー病予防・治療のカギを握るとして研究開発が進められてきた。

 これまで治療手段として活用の検討が進んできたのが「抗体」だ。体に備わっている免疫細胞が作っている免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質で、外敵に結合することでその機能を失わせる。Yの字の形をしており、その2本の先っぽは「Fab」と呼ばれる部分、幹になる軸は「Fc」と呼ばれている。これらが組み合わさって外敵から身を守っている。

 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻教授の津本浩平氏は、「抗体医薬が承認されているのはがんや自己免疫疾患が多いが、それ以外にも期待されており、その一つは脳神経の疾患」と話す。