プロサッカー選手の本田圭佑氏とヘルスケアスタートアップであるFiNC Technologies 設立者の溝口勇児氏、元ネスレ日本 代表取締役社長 兼 CEOの高岡浩三氏がタッグを組んだ──。

 2020年6月に「WEIN挑戦者FUND」を設立し、21世紀の課題解決に挑戦するスタートアップ企業を支援する。3者は同年5月28日にオンライン記者発表会を開催し、その概要を説明した。

オンライン記者会見の様子(写真:オンライン記者会見画面のキャプチャー)

 今回設立するWEIN挑戦者FUNDでは、資金投資だけではなく、人的リソースや成長資金戦略、マーケティングなどのノウハウを提供することで、体系的にスタートアップ企業を支援することを目指している。いわば「スタートアップ企業をプロデュースする存在」と代表パートナー 兼 Co-Founderの一人である溝口氏は位置づける。

 支援の対象となるのは、21世紀の課題解決に挑む国内スタートアップ企業だ。21世紀の課題とは、人が感じる孤独や退屈、不安のことを指している。

 溝口氏は、日本は平均寿命が長いにも関わらず、自分が幸せと感じる人が少ないことを指摘する。これは、20世紀の課題である戦争や貧困、病気といった問題が解決されつつある一方で、生活にゆとりが生まれ、21世紀の課題である孤独や退屈、不安が生まれたことが原因だと考えている。今後、「こうした感情に苛まれる人はどんどん増えていくのではないか」と同氏は危惧する。

 そこで今回、WEIN挑戦者FUNDの設立に当たり、こうした課題解決に挑む“挑戦者”を支援することを主軸とした。孤独や退屈、不安を解決する鍵として、設立者の3者が最も大切だと考えているのが、Well-Beingである。Well-Beingとは、心や体、社会の全てが良好な状態のことだ。

 実際、Well-Beingは非常に注目されている市場で、2017年における世界の市場規模は452兆円を超え、2015年から2017年にかけての市場規模成長率は12.8%だったという。多くの商品やサービスがコモディティ化して機能面では差が生まれにくくなっている中、「今後は人の感情や情緒に訴えかけるような製品やサービスに注目が集まるのではないか」と同氏は見ている。

 21世紀の課題解決やWell-Beingの実現を図るためには、まず、“挑戦する人”を増やす必要がある。とはいえ日本では、挑戦したいと思っても、実行に移すハードルがまだまだ高い。企業に勤める場合と比べて収入が減少したり、人手やリソースの不足を労働時間で補うために朝から晩まで休みなく働き続けたりといったことを余儀なくされてしまう。

WEIN挑戦者FUNDが行う体系的なサポートのイメージ(写真:発表資料のキャプチャー)

 これは、欧米に比べて「挑戦者を支援する人が少ないから」と同氏は指摘する。そこで、資金はもちろん、人的リソースやノウハウの提供まで体系的にスタートアップ企業を支援するファンドの設立に至ったというわけだ。