光や超音波、中性子線など安全な物理エネルギーを患部にピンポイントで照射し、そこで薬剤を活性化させるがんの根治療法が、手術・抗がん剤・放射線・免疫療法に次ぐ「第5のがん治療法」として注目されている。5月20日、ホウ素化合物を病巣に送達して中性子線を照射することで、がんをホウ素との核反応で破壊する「ホウ素中性子捕捉療法(boron neutron capture therapy:BNCT)」が保険適用になり早速、国内の病院で世界初の治療が行われた1)

 5月22日、川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)で、東京工業大学科学技術創成研究院・化学生命科学研究所教授の西山伸宏氏がウェブ講演会を実施し、BNCTを含めた「第5のがん治療法」の技術の進歩について解説した。

 BNCTは、植物の生育に必須な微量元素としても知られる「ホウ素」の化合物をがんの病巣に集め、ここに放射線の一種である熱中性子を照射する治療だ。ホウ素は、熱中性子を受けたときに核反応してヘリウム原子であるα粒子とリチウム反跳核を放出して、がん細胞を殺すことができる(図1)。発生するα粒子やリチウム反跳核の飛距離は10μmと概ね細胞1個分の距離であり、がん細胞周囲の正常細胞への影響がほとんどない。西山氏は「従来法では治療することが困難な再発性のがん、多発性のがんに対しても有効で、第4のがん治療法と呼ばれる免疫療法に続く『第5のがん治療法』として大きな期待を集めている」と紹介した。

図1●ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の原理 ホウ素と熱中性子が核反応を起こし、細胞傷害性の高いα粒子とリチウム反跳核を産生する。これらの粒子ががん細胞に致命的な傷害を与える(出所:2020年1月23日付 東京工業大学プレスリリース、図2とも)

 BNCTの研究段階では、京都大学複合原子力科学研究所の研究炉(KUR)のように規模の大きな原子炉で発生させて熱中性子を生み出す必要があった。それが保険適用に向けた臨床研究が追い風になって、加速器を用いた、病院に設置できる小型のBNCT装置が実現。住友重機械工業は2019年11月にBNCT装置の製造販売承認にこぎ着けている2)