武田薬品工業が湘南研究所を開放し2018年4月に設立された産官学連携の場である「湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)」。その開所1周年記念フォーラムが2019年5月15日、同所で開催された。

武田薬品工業の長谷川氏(写真:Beyond Healthが撮影、以下同)

 基調講演には、武田薬品工業前社長で相談役の長谷川閑史氏が登壇した。同氏は湘南研究所開設を主導し、後に「イノベーションエコシステムを作り替える」(同氏)との考えの下、湘南アイパーク構想に携わった。

 かつては製薬企業の研究所から生み出されていた医薬品が、昨今は6割程がアカデミアとバイオテックが創り出していると長谷川氏は指摘する。さらに、その場が米国や欧州の「ホットスポット」と呼ばれるイノベーションハブに移っているという。

 こうした背景を受け、長谷川氏は湘南アイパークに新たな「ホットスポット」としての期待を寄せる。「世界有数のスタートアップエコシステムのホットスポットとして名乗りを上げ、Early Win(早期の成功)を生み出してほしい」(同氏)。スタートアップに必要なすべてをワンストップソリューションとして提供することで、「まずはアジア周辺国から、いずれは世界中から有能な人材を惹きつけるような魅力あるエコシステムを創出してほしい」(同氏)と語った。