スマートフォン(スマホ)で撮影した写真による自動採寸技術「Bodygram」を展開するBodygram Japan(ボディグラム・ジャパン)は、体組成として体脂肪率と骨格筋量を推定計測する機能を開発し、自動採寸アプリ「Bodygram」に新機能として追加した。スマホで撮影した写真2枚(正面、側面)と身長、体重、性別、年齢の入力で体脂肪率と骨格筋量の推定計測値が表示される。2021年6月7日からiOS、Android向けのアプリ「Bodygram」としてダウンロード可能で、無料で利用できる。

写真2枚と体重、年齢、性別、身長により全身のサイズを表示する自動採寸アプリ「Bodygram」に体組成の推定計測機能が追加された。体脂肪率と筋肉量を把握できる。(図:Bodygram Japanの発表会資料)

 同社の自動採寸技術はいわゆるAI(人工知能)技術を使ったもので、DLN(Deep Learning Network)技術を利用して写真から体型を認識し、各部位のサイズを計測する。同アプリでは、従来、全身24カ所のサイズや3Dアバターとして確認できる機能を提供していた。今回、同社が保有する3次元データ情報と体組成データ情報を含む12万件以上の体型データ使った機械学習により、体組成を推定測定する機能を実現、同アプリに追加した。

 2021年6月7日現在の精度は体脂肪率が±2.5%、骨格筋量が±1kgとしており、今後、四半期ごとに行う学習データのアップデートによってさらに精度向上が可能と見込む。「(体組成計などの)ハードウエアと同等精度にできると考えている」(Bodygram Japan CEOのJin Koh氏)。

Bodygram Japan CEOのJin Koh氏(写真: Bodygram Japan)

 同社では、スマホを使った身体の状態把握や状態管理に注力している。iPhoneが測距センサーとしてLiDAR搭載を進めるなど、スマホが搭載するセンサーの多様化や高精度化が進んでいる。「LiDARなどの新たなセンサーにも興味を持っている」(Koh氏)と、スマホが搭載するセンサーの活用にも積極的な姿勢を示した。

 「(スマホのような)デバイスで体の状態を把握できることが当たり前の世界を目指す。従来、約1000万円する3Dボディスキャナーや10万~15万円する体組成計測機がなければ測れなかったデータをスマホで取得できるようにしたい。アパレルだけでなくフィットネスやヘルスケアなどの領域で、かなりのインパクトになると考えている」(Koh氏)。