GEヘルスケア・ジャパンは、「聴診器」のように持ち運べるポケットサイズの高性能超音波診断装置「Vscan Air」を発表した。2021年7月初旬から受注を開始し、価格は87万7800円(税込)。同年6月に開催した記者発表会では、新製品の説明や医師による講演、タレントの堀ちえみさんを招いたパネルディスカッションなどが実施された*)

*)本記事では新製品の概要を中心にお伝えする。医師による講演などは第2弾記事で紹介予定。

初登場から10年超、「プラットフォーム」が進化

 「Vscan」が、日本で発売開始されたのは2010年。2014年にはプローブの持ち替えが不要なデュアルプローブを採用した「Vscan Dual Probe」、2017年にはタッチスクリーンとAndroid OSを採用した「Vscan Extend」へと進化し、日本国内ではシリーズ全体で累計8000台が販売された。

 そして今回登場した新モデルは、ハードウエアとソフトウエアに加えて「プラットフォーム」も進化させた。従来のモデルと異なり、操作や画像表示には専用アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末を使用する点が大きな特徴の1つ。モバイル端末のプラットフォームを活用することによって「これまでになかったような広がりが期待される」と、GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏は胸を張る。

GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏(写真:近藤 寿成)
GEヘルスケア・ジャパン 代表取締役社長兼CEOの多田荘一郎氏(写真:近藤 寿成)
[画像のクリックで別ページへ]

 GEヘルスケア・ジャパンは近年、一人ひとりにあった質の高い医療を効率的に提供する「プレシジョン・ヘルス」を企業方針の1つに掲げている。Vscan Airは「このプレシジョン・ヘルスの思いを体現した製品だ」と多田氏は位置付けた。